サイト内の現在位置

PHSからスマートフォンへの移行を
安心安全に提供

医療機関向け
プライベートLTE
(sXGP)

電話をかけるスタッフ
カルテを持つ医師

医療現場でお困りは
ございませんか?

公衆PHSサービスの終了をきっかけに
PHSからスマートフォンへの移行を検討するお客さまが増えてます。

  • スマートフォン化したいけど、何をすればよいかわからない

  • PHSと同等の安全性と品質を担保したい

  • PHSからスマートフォンへの運用切り替えに不安がある

そのお困りごと、NECフィールディングが解決します!

プライベート
LTE(sXGP)とは

プライベートLTE(sXGP)は
1.9GHz周波数帯を使用した
自営通信用TD-LTE規格です。
音声品質・医療機器への安全性が
PHSと同等で、安心して利用できます。
自営ネットワークのため、災害時にも
安定した音声通信を実現します。

  • 医療機器への電波干渉がない 1.9GHz周波数帯を用いているため、無線LANなどと比べて外来ノイズが少ない PHS同等の安全性を確認
  • スマートフォン利用による利便性向上 カメラ、チャット機能やアプリケーションとの連携が可能 診療業務の効率化
  • オンプレミス環境による安全性 sXGPは自営ネットワークのため影響を受けず、有事の際も単独で動作可能 災害時にも強いネットワーク
公衆PHSのサービスが終了

PHSに代わる音声
サービスとは

無線規格 周波数帯 端末 無線設備 特徴
自営PHS 1.9GHz帯 PHS端末 自営

・1.9GHz帯を使うため医療機器との電波干渉が起きにくい

・医療機関向けに広く普及しているが、公衆PHS停波のため、
市場は縮小

FMC 2.0GHz帯
1.7GHz帯
スマートフォン キャリア

・すでにキャリア電波の入りやすい場所において初期導入費が
安価

・キャリアの基地局のため、災害時の影響を受ける可能性あり

Wi-Fi 2.4GHz帯
5GHz帯
スマートフォン 自営

・電子カルテ無線との共用によるコスト削減

・同一周波数帯の電波との干渉に注意が必要

・医療機器への干渉問題が懸念される

sXGP 1.9GHz帯 sXGP対応
スマートフォン
自営

・1.9GHz帯を使うため医療機器等との電波干渉が起きにくい

・PHSと同等の音声品質

・オンプレミス構成なので災害時に影響を受けにくい

公衆PHS終了後の
後継サービスとして、

医療機器への影響が
少ない『sXGP』が最適

NECフィールディング
のソリューションなら

NECフィールディングでは、
高いセキュリティレベルと
安定したネットワーク通信を
実現するsXGP規格に
対応した製品を利用し、
お客さまの医療現場に適した
ソリューションを提供しています。

NEC製品

  • sXGP対応アクセスポイント

    sXGP対応
    アクセスポイント

  • アクセスポイントコントローラ

    sXGP対応
    アクセスポイント
    コントローラ

  • アクセスポイントコントローラ

    sXGP対応
    PBX主装置

NECフィールディングが選ばれる
3つの理由

  • Point 1

    医療機関での豊富なネットワーク構築の
    ノウハウを活かし、最適な構成を提案可能

    NECフィールディングは200床以上の中~大規模病院に対して
    ICTシステムの構築実績が多数あります。
    このノウハウを活かして、医療機関に必要なセキュリティや、
    ガイドラインに準拠した構成を提案し、安心安全な音声ネットワークを提供します。

    選ばれる理由
  • Point 2

    スマートフォンの基本機能を活用した
    コミュニケーションが可能

    スマートフォンの基本機能である、電卓、カメラ機能に加え、
    チャットでのコミュニケーションができます。

    選ばれる理由
  • Point 3

    sXGP導入後の保守サポート

    60年以上にわたり、ICTシステムの設計・構築・保守・運用などのインフラサポートを行ってきたNECフィールディングでは、sXGPの導入時だけでなく、導入後の保守サポートまで対応しています。

    選ばれる理由

sXGP導入イメージ

sXGP導入イメージ

※sXGP対応SIMの契約はお客さま準備とさせて頂きます。

  • 導入事例

    国際親善総合病院様

    PHSに代わり、プライベートLTE(sXGP)を導入
    医療機器への影響が少なく、災害に強い院内音声ネットワークを実現
    導入事例 国際親善総合病院様

おすすめのご利用シーン

病院内コミュニケーション チャット機能 外部での利用

※sXGP対応SIMの契約はお客さま準備とさせて頂きます

※外部での利用には別途MVNO対応SIMが必要です

オプションで提供可能なサービス

  • MDM(モバイルデバイス管理)

    院内のスマートフォン利用状況の
    みえる化実現

    院内のスマートフォン利用状況のみえる化実現
  • Web電話帳

    電話帳の一元管理や容易な
    番号検索が可能

    電話帳の一元管理や容易な番号検索が可能
  • グループチャット

    グループチャットによる
    情報共有が可能

    グループチャットによる情報共有が可能

※システム・アプリケーションの利用は個別に検証が必要です

よくある質問

  • Q

    既存のWi-Fi環境と干渉することはありませんか?

    A

    sXGPは従来のPHSと同様の1.9GHz帯を利用しているため、Wi-Fi環境と干渉することはありません。

  • Q

    災害時の通信規制の影響は受けますか?

    A

    sXGPは自営ネットワークのため、災害時も災害時の通信規制の影響を受けません。

  • Q

    sXGPの利用に免許は必要ですか?

    A

    sXGPは免許不要で利用できる自営無線通信ネットワークです。

  • Q

    スマートフォンを扱う上でセキュリティに問題はありませんか?

    A

    SIM認証によりセキュリティを担保してます。
    SIMによりデバイス認証をおこなうので、私用スマートフォンを
    用いてsXGPネットワークに接続することを防ぎます。

  • Q

    アクセスポイント1台当たりの同時接続端末台数は何台ですか?

    A

    アクセスポイント1台当たり、16台の同時接続が可能です。

  • Q

    PHSとの併用稼働は可能ですか?

    A

    可能です。但し、他社製のPBXを利用している場合は、NEC製のPBXと併用する必要があります。

  • Q

    どの程度の導入期間を要しますか?

    A

    約6か月ほどかかります。
    お客さまの設置環境などにより導入期間が変動する場合があります。
    あらかじめご了承ください。

  • Q

    どの程度の費用を要しますか?

    A

    導入規模により変動しますので、個別にお問い合わせください。

※災害時の通信規制とは災害時に安否の問い合わせなどによりキャリアの基地局による通信利用が増え、電話が繋がりづらくなる状態を指しています

※災害時、停電などの影響により主要製品の電源が落ちた場合は利用ができなくなります

※災害時、主要機器の故障などでsXGPネットワークが停止した場合は利用ができなくなります

※MVNO対応SIMを利用した通話は災害時に起きる災害時の通信規制の影響を受けます

導入までの流れ

ご要件を確認しながら、運用開始までスムーズに進めます。

  1. STEP 1

    お問い合わせ

    具体的な検討段階でなくても構いません。お気軽にお問い合わせください。

  2. STEP 2

    ヒアリング
    (要件確認)

    現状のネットワークにおける課題やご要件をお伺いします。

  3. STEP 3

    提案/お見積り

    お客さまに合ったサービスを提案します。

  4. STEP 4

    設計/構築

    提案したシステム仕様の設計および構築を行います。

  5. STEP 5

    運用開始

    導入後の保守まで対応してますので、安心してご利用いただけます。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせいただく前に、こちら
ご確認ください。
2営業日以内に担当者から連絡
します。(所要時間:1~2分、「*」必須項目)

関連コラム

  • PHS終了による病院への影響とは?医療用PHSの代わりとなる通信システムを解説
    病院内における連絡手段の1つとしてPHSは広く普及してきました。しかし、2021年1月にPHSの公衆サービスが終了したことをきっかけに、自営PHSに代わる通信システムの導入を検討する病院が増えてきています。
    続きはこちら

お問い合わせ