サイト内の現在位置

Windows 10 サポート終了後はどうなる?2025年10月14日以降に備えた準備

Windows 10 サポート終了後はどうなる?2025年10月14日以降に備えた準備

Microsoft は、OSの最新バージョン Windows 11の提供を開始しています。Windows 10 は現状でも使用できますが、サポート終了まで2年を切りました。Windows 11 への移行を検討しつつも、Windows 10 を使い続けている企業は多いのではないでしょうか。
この記事では、サポート終了後に Windows 10 を使い続けるリスクと、移行にあたって検討しておくべきことを紹介します。

「PC端末更新・運用」提案事例ダウンロード

「PC端末更新・運用」提案事例ダウンロード

Windows 10 のサポート期限は、いよいよ2025年10月まで。Windows 11 への移行に不安はありませんか?
Windows の導入サポートでも豊富な実績をもつNECフィールディング。NECフィールディングのPC端末更新・運用の提案事例を紹介します。

Windows 10 のサポート終了の概要

Windows 10 のサポート終了後は、どのような動きがあるのでしょうか。

Windows 10 はいつ終了する?

Windows 10 は2025年10月14日に、Microsoft によるサポートが終了します。Windows 10 Home および Proエディションは、以前のバージョンはすでにサポートが終了しています。Version 22H2 は最終バージョンとなっており、そのサポート終了日が2025年10月14日なのです。

Windows 10 サポート終了後はどうなる?

Windows 10 Version 22H2 は、2025年10月14日を過ぎるとサポートが終了し、その後は無償でのサポートが受けられなくなります。更新プログラムが配布されることがなく、未知のセキュリティホールへの対処がなされなくなるため、サポート終了後に Windows 10 を使い続けるとサイバー攻撃を受けるリスクが高まります。したがってサポート終了までにWindows 11 への移行を済ませておくことが重要です。Windows 11 は2021年10月から提供されており、無償でアップグレードができます。

ただし期限までに Windows 11 への移行ができなかったユーザーのために、 Windows 10 の拡張セキュリティ更新プログラム(ESU プログラム)が提供される予定です。
Windows 365 や Azure Virtual Desktop を利用している方は無償で使えますが、その他の場合は有償のサブスクリプションを利用することになります。サブスクリプションは年間契約で、3年間更新可能となる予定です。コストがかかる可能性があるため、Windows 10 のサポート期間内に Windows 11 へ移行することがおすすめです。

Windows 10 のサポート終了に向けて必要な準備

Windows 10 サポート終了後はどうなる?2025年10月14日以降に備えた準備

Windows 10 のサポート終了に向けて、Windows 11 への移行準備が必要です。

該当パソコンのシステム要件を確認する

Windows 11 は Windows 10 と比較して、最小システム要件の条件が厳しいものとなっています。最小システム要件を満たしていないと、Windows 11 をインストールできません。そのため、対象のPCが最小システム要件を満たしているか確認することが必要です。

【最小システム要件】
プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
メモリ:4GB
ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
システムファームウェア:UEFI・セキュアブート対応
TPM:TPMバージョン2.0
グラフィックスカード:DirectX 12以上(WDDM2.0ドライバー)
ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720dpi)ディスプレイ

移行予定だったPCが最小システム要件を満たしていない場合は、Windows 11 搭載のPCへの買い替えを検討することになります。

業務に必要なファイル・データはバックアップしておく

Windows 11 をインストールする前に、業務で利用する重要なファイルやデータは他のデバイスや媒体へのバックアップが必要です。バックアップは万が一インストールやデータ移行が失敗した場合の備えとなります。

Windows 8.1 からアップグレードする場合

Windows 8.1を利用している場合も Windows 11 へのアップグレードが推奨されますが、Windows 8.1 が動作しているPCは最小システム要件を満たしていない可能性が高いと言えます。そのPCのスペックで Windows 11 に対応可能かどうかは必ず確認しましょう。

Windows 11 へアップグレードする方法

Windows 10 サポート終了後はどうなる?2025年10月14日以降に備えた準備

Windows 11 へアップグレードする方法をご紹介します。

アップグレードの手順

  • 手順1:Windows ボタンを押し、設定>更新とセキュリティ>「Windows Update」を選択します。
  • 手順2:画面に「 Windows 11 へのアップグレードの準備ができました」と表示されていたら実行可能です。「ダウンロードしてインストール」をクリックします。
  • 手順3:「同意してインストール」をクリックするとアップグレードが開始されます。

業務用PCをアップグレードする際の注意点

業務で利用するPCの場合は、Windows 11 のアップグレードは慎重に行いたいところです。管理者の許可なくアップグレードを行った場合、Windows 11 と互換性のないアプリケーションが利用できなくなり、ひいては業務が停止する恐れがあるためです。業務で利用するPCは情報システム部門の担当者の指示に従うようにしましょう。

また Windows 11 のダウンロードおよびインストールは時間がかかる場合があります。その間ネットワークにも負荷がかかり、移行するPCの台数が多いほどネットワークが過負荷となって業務に支障が出る恐れもあります。情報システム部門が決めたアップグレードのタイミングに従うようにしましょう。 Windows 11 の更新プログラムのダウンロード中は業務を継続できるうえ、インストールは夜間に行うなどの調整も可能です。

Windows 11 へアップグレードできないときの対処法

Windows 11 へアップグレードできない場合には、次のような原因が考えられます。

  • 最小システム要件を満たしていない
    エラーが発生したときは、再度PCのスペックを確認しましょう。
  • ソフトウェアの互換性がない
    互換性のないソフトウェアをアンインストールしてから再度インストールを実行します。
  • Windows 10 の更新プログラムをインストールしていない
    重要かつ最新の更新プログラムがインストールされている状態で移行を実施しましょう。
  • デバイスドライバーやソフトウェアが最新のものではない
    いずれも最新の状態にしてからインストールを試みます。
  • ネットワークの問題
    通信が遮断された場合には、もう一度最初からアップグレードを行うことになります。

Windows 11 搭載のPCに買い替える

PCのシステム要件を確認し、アップグレードできない場合はPCの買い替えが必要です。

ハードウェアを最新のバージョンへ更新する

一部のシステム要件のみが満たされていない場合には、必要なパーツの交換・追加を行う手もあります。交換後はデバイスドライバーも最新バージョンにしましょう。

システム会社へ依頼する

そのほか Windows 11 へのアップグレードに関して問題が発生した場合や企業固有の課題があり解決しない場合には、システム会社に相談することをおすすめします。

Windows 11 へのスムーズな移行はNECフィールディングにご相談ください

NECフィールディングでは、Windows 11 へスムーズに移行できるよう導入から運用、保守まで徹底サポート。移行時の不安をヒアリングした上で、お客さまの現在の利用状況や管理基盤に合わせて柔軟に対応を行います。
NECフィールディングは Windows のアップデートに豊富な実績を持ち、スムーズな導入はもちろん運用後のアフターサポートも手厚く、安心してお任せいただけます。
Windows 10 のサポート終了までに Windows 11へスムーズに移行できるか不安という方は、ぜひ一度ご相談ください。

NECフィールディングがWindows 11への移行をサポート

「PC端末更新・運用」提案事例ダウンロード

「PC端末更新・運用」提案事例ダウンロード

Windows 10 のサポート期限は、いよいよ2025年10月まで。Windows 11 への移行に不安はありませんか?
Windows の導入サポートでも豊富な実績をもつNECフィールディング。NECフィールディングのPC端末更新・運用の提案事例を紹介します。

おわりに

Windows 10 のサポート終了までに行っておくべき Windows 11 への移行について簡単にお伝えしました。組織全体に関わるOSのアップグレード作業は、情報システム部門に多大な負荷がかかるものです。業務の手が回らない、あるいは人員を確保できないなど問題がある場合には、アウトソーシングを検討しましょう。

発行元:NECフィールディング

お客さま事業・業務にお役立ていただける情報をお届けします。
ご相談はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※当社は法人向けサービスを提供しているため、個人のお客さまに対してはサービス提供できません。あらかじめご了承ください。