ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院様
ここから本文です。

倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院様

ナノミスト方式の加湿装置を病院内に導入
検査機器の正常稼働と極度の乾燥防止に貢献

業種 医療
導入サービス ナノミスト加湿装置

事例のポイント

課題背景

  • 超音波式加湿器の影響による検査機器の不具合を防ぎたい
  • インフルエンザが流行する冬を前に代替の加湿器を導入したい
  • 外来待合室にも大型の加湿器を設置したい

成果

ナノミスト加湿装置「リフレプロ」を導入し検査装置の不具合発生を根絶

「リフレプロ」を事務室や診察室などに設置し極度の乾燥を防止

外来待合室に空気清浄機能付加湿装置「ナノフィール」を設置し感染症対策に貢献

製品概要

ナノミスト加湿装置
世界初のナチュラルクラスター技術によりナノミストシャワーを発生させることで、過度な加湿によるお部屋のべたつきやカビの発生を防ぎます。施設のスペースにさわやかな潤いを与え、空気を清浄な状態に保つ多機能加湿装置です。

カタログダウンロード

本事例のPDFをダウンロードいただけます(495KB)

この事例の製品・ソリューション

導入前の背景や課題

検査室の機器に不具合発生 原因は超音波式加湿器の可能性

赤澤 尚樹氏倉敷医療生活協同組合
玉島協同病院
事務課長
赤澤 尚樹氏

超高齢社会の到来で高齢者医療、介護・福祉の充実が大きな課題になっています。病院や介護施設にとっては、患者さんや入居者の健康管理は重要なテーマ。院内感染の防止といった感染症対策は、ひとたび蔓延すれば高齢者にとって生命のリスクにもつながります。「手洗いや消毒といった対策は当然ですが、空気環境を改善することも感染症対策では重要です。インフルエンザウイルスなどは乾燥した環境で増殖するので、適度な湿度を維持するために加湿器は絶対に必要です」と、倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院の赤澤尚樹事務課長は話します。

玉島協同病院は2014年に現在の場所に移転しました。冬は空気が乾燥し、インフルエンザの流行などを助長する恐れもあります。そのため、移転した冬から超音波式加湿器を病棟を含めた病院内の各所に配置していました。

しかし、検査室で問題が発生しました。超音波式加湿器は超音波を使って水を粒子に変えて噴霧します。水の粒子の付着した場所に、水に含まれる塩素やミネラル分などが白い粉となって析出するケースがありました。臨床検査技師の板谷菜々恵技師によれば、「血液検査に使用する機器は、毎朝、標準試料を使って精度の補正を行います。そんな中、超音波式加湿器を使うようになって、精度にばらつきが出るなどエラーが出始めました」という。「検査機器メーカーに原因を調べてもらいましたが、わかりませんでした。断定はできませんが、検査機器に白い粉が付着していることがあったので、超音波式加湿器による加湿が原因かもしれないと感じました」赤澤課長は、「院内では加湿器に消毒用の次亜塩素酸を混ぜた水を使っていました。それが原因らしいということで、超音波式加湿器に代わる加湿器を探し始めていました」と当時を振り返ります。

選択のポイント

実際にデモ機を使って検証  文献情報などで保湿効果を担保

板谷 菜々恵氏倉敷医療生活協同組合
玉島協同病院
臨床検査技師
板谷 菜々恵氏

NECフィールディングは、玉島協同病院様と院内LANの保守業務でおつきあいがありました。

「NECフィールディングの営業担当の方があいさつに来られたときに、『今、加湿器が問題になっているのです』という話をしたら、『すぐに探します』と。ネットワークやコンピュータのほかにもさまざまな商材を扱っていることに驚きました」(赤澤課長)。NECフィールディングでは、文献を調べたり製品情報を収集した結果、ナノミスト方式の加湿器を玉島協同病院様に提案することにしました。

NECフィールディングが提案した加湿器が出すナノミストをつくる「ナチュラルクラスター技術」は、回転する金属網に水を衝突させることで、水を分子レベルまで細かくします。水が急激に分裂するときには大きな水滴は正(+)に帯電し、細かい水滴は負(−)に帯電し、空気中を浮遊します。自然の滝の近くではマイナスイオンが豊富なのは、このような理由によるものです。

そこで、ナノミスト方式の小型加湿装置「リフレプロ」のデモ機を検査室に設置して、検証を行いました。「以前の超音波式加湿器では検査機器にエラーが出たので、今回はどうだろうと不安でしたが、エラーが出なかったので安心しました」(板谷技師)。さらに大型の空気清浄機能付加湿装置「ナノフィール」を外来待合室の一角に設置して検証を行いました。その後、文献で得たデータなどと合わせてナノミスト方式の長所を伝え、「リフレプロ」と「ナノフィール」の導入が決定しました。

導入後の成果

院内の極度の乾燥を防止 職場環境の改善にも貢献

「リフレプロ」は、事務室や処置室、診察室など院内10カ所に設置されています。板谷技師は、「検査機器のエラーの心配をしないでいいので安心です。極度の乾燥を防いでくれるので、肌にもいい感じがします。美容効果にも期待できそうですね」と話します。「乾燥がひどいと肌が荒れることがあります。とくに窓がなく換気ができない場所では乾燥が進みやすい。その点で、職場環境の改善にも効果を上げています」(赤澤課長)。

現在、玉島協同病院では、窓のない検査室など必要な場所に「リフレプロ」を設置しています。また、外来待合室の一角をパーティションで仕切って「ナノフィール」を設置しています。「加湿に加えて空気清浄機能もあるので、病院として感染症対策を強化しているという医療品質をアピールできる効果もあります」と赤澤課長は話します。

「2018年は、自然災害が少ないとされてきた岡山県でも豪雨災害などで大きな被害が出ました。防災対策の重要性を改めて感じており、NECフィールディングと相談して、緊急地震速報と館内放送を連携したシステムを導入しました。このように、今後も災害対策商材の提案をしてほしいと思っています」(赤澤課長)。ナノミスト加湿装置の設置で玉島協同病院の感染症対策と職場環境改善に貢献したことで、NECフィールディングに対する信頼も高まっています。

お客様プロフィール

倉敷医療生活協同組合 玉島協同病院

所在地 岡山県倉敷市倉敷市玉島柏島5209-1
概要 1978年12月に開院。2014年12月に現在の倉敷市玉島地区に移転。診療科目は内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、放射線科。二次救急医療機関として24時間365日の救急車や急患の受入れ対応のほか、人工透析にも対応する。水島協同病院など倉敷医療生活協同組合傘下の他の病院と連携し、地域包括ケア病床のリハビリテーション強化や地域の病院、医院との連携など地域の健康寿命延長を支援する。
URL http://www.tamakyo.com/

担当者からひとこと

及川 圭介

NECフィールディング株式会社
岡山支店 サービス課
主任
大西 賢治

赤澤事務課長が着任された時に、ちょうど私も営業担当として玉島協同病院様を担当することになり、加湿器の問題でお役に立つことができました。加湿器導入のような感染症対策や職場環境改善の案件に加えて、災害対策にお役に立てる商材も多くそろえているので積極的に提案していきたいと思います。これからも役立つ情報を提供し、お客様の課題の発見とそれを解決する手段の提案と実施にスピード感を持って取り組んでいきます。

この事例の製品・ソリューション

お問い合わせ

カタログダウンロード

本事例のPDFをダウンロードいただけます(495KB)

※記載されているお役職等の情報につきましては、2019年3月26日時点のものです。
※記載されている製品名は各社の商標または登録商標です。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る