サイト内の現在位置

ネットワーク脆弱性診断サービス(リモート診断・オンサイト診断)

ネットワークセキュリティ診断サービス

OSやネットワーク機器の脆弱性の有無を診断。
インターネットを介したリモート診断とオンサイト診断を用意しています。

お問い合わせはこちら

ネットワークセキュリティ診断サービスネットワークセキュリティ診断サービス

インターネットに接続されたシステムの既知の脆弱性やセキュリティホール、設定の不備をいち早く検出するネットワーク診断。インターネットを介したリモート診断とオンサイトでの診断をご用意。お客さま環境や要望に合わせて選べるネットワーク診断により、情報セキュリティを強化します。

私たちのサービスが選ばれる理由

  1. 1.セキュリティ診断の専門家による診断で、脆弱性管理における管理者の負担を軽減

  • ・現在運用しているシステムに脆弱性がないか心配だ
  • ・ネットワーク診断は行いたいが、費用が高いのは困る
  • ・公開サーバ等に不必要なサービス公開など、不適切な設定がないか確認したい
  • ・リモート診断だけではなく、実際に来社して診断してほしい
  • ・システムの本番稼動前に脆弱性をチェックしておきたい

こんな課題を抱えていませんか?

診断対象に負荷を与えない専用ツールで、セキュリティホールや脆弱性の有無を確認。すばやくネットワーク診断を行います。本サービスでは、診断端末のハードウェアとソフトウェアのライセンスが不要なため、費用負担が軽減されます。

私たちが解決します!

ネットワークセキュリティ診断サービスとは

サイバー攻撃被害の通報件数は2008年から2018年の間に8倍(172件から1,390件)にも増加しており、もはや他人事ではなくなってきています。
脆弱性管理に不備があると、情報漏洩やサービス停止を引き起こす不正アクセスの原因に繋がり、直接的な被害はもちろん、社会的信用の失墜を招く可能性もあります。
ネットワークセキュリティ診断サービスでは、お客さまシステムに潜む脆弱性(≒弱点)を専門家が診断。診断の結果、発見された脆弱性を”報告書”にまとめて提出。OSやネットワーク機器の脆弱性を発見し、不正アクセスのリスク低減に貢献できます。

ネットワークセキュリティ診断サービス概要

専用ツールにてネットワーク診断を行い詳細なレポートを提出

診断方法は、リモートによるインターネット診断と、お客さまに訪問して行うオンサイト診断をご用意。お客さまの環境に合わせて選択できます。

ネットワークセキュリティ診断サービスのイメージ

ネットワークセキュリティ診断サービスの特長

  • ●診断対象に負荷を与えにくい非破壊型の専用ツールを用い、脆弱性の有無を確認
  • ●オプションで擬似攻撃(DoS攻撃※への耐性を診断)の実施も可能
     ※DoS攻撃:Denial of Service attack(サービス不能攻撃)

導入後のお客さまの声

    • システムに脆弱性が見つかり、しっかり対処することができました。
    • 良好な診断レポートをみて安心。これを機にセキュリティ意識が高まりました。

関連サービス

関連コラム

悪意のあるソフトウェアを総称する呼び名であるマルウェア。インターネットが普及し始めた1990年代初期には被害が発生し、それから30年経った今でも被害は広がっています。
身近に存在する「フィッシングメール」を使った詐欺。実は、年々被害件数が増えています。そこでこの記事では、フィッシングメールとは何か、スパムメールとの違い、フィッシングメールの主な手口を解説します。
今や、社会問題にもなっている「詐欺メール」「なりすましメール」。手口が巧妙化し、被害を受けている人も多くいます。そこでこの記事では、詐欺メール、なりすましメールとはなにか、なりすましメール以外にも注意したい迷惑メールを解説します。
標的型攻撃とは、サイバー攻撃で使われる手法のひとつです。当記事では、標的型攻撃の意味や目的、無差別型攻撃との違いについて紹介します。

お問い合わせ