ヒアリングを大切にしてニーズを引き出す
コミュニケーション重視のシステム構築

システムインテグレータ(SI)職

伊豆直樹

社会システム科学部プロジェクトマネジメント学科卒 2013年度入社
LCM事業部 システムサポート部

お客さまが本当に求めているものは何か?
ヒアリングすることからはじまる

IT業界のエンジニアというと1日中パソコンに向かってプログラミングをしているというイメージが強いと思いますが、当社のシステムインテグレータ(SI)職はお客さまとの接点が多く、親密な関係を築くことができることが特徴だと思います。
現在、私はシステムの設計構築を主に担当しているのですが、仕事の流れとしては、まず営業職から相談のあった案件に対し、技術的に実現できるのかを検討するところからはじまります。実はこの段階ではお客さまのやりたいこと、欲しいシステムがまだ漠然としていることが多いため、私たちSIがお客さまと打ち合わせを重ねて、本当に求めているシステムはどういうものなのかをヒアリングしていきます。また、その際にお客さまの要望を満たすだけではなく、プラスαの提案をすることもSIの役割です。
無事に受注した後は、サーバやネットワーク機器、ソフトウェア製品などを選定し、それらをお客さまの要件に合うように設計、構築していくことがSIの仕事になります。

お客さまの声に耳を傾け、
仕事を通じて信頼関係を築いていく

この仕事の難しさは、同じようなシステムに見えてもお客さまによってニーズが異なることです。私は資産管理のソフトウェアを専門として扱っているのですが、その中でも、「従業員のコンピュータ端末の稼働時間だけがわかればいい」というケースから「特定の端末を情報システム部から遠隔操作できるようにしたい」というケースまで、案件は多種多様です。ヒアリングでひとつ間違えてしまうと、後から仕様変更が増えてお客さまにも迷惑をかけてしまうので、お客さまの声に可能な限り耳を傾けることを第一に心がけています。
システム導入後もまた別の案件を相談されることも多く、そのようにお客さまから信頼していただける関係性をつくれることがモチベーションアップにつながっています。

NECフィールディングに入社した理由

NEC製品のハードウェア保守を行う会社であることは知っていましたが、システムの設計構築や営業にも力を入れていることは会社説明会で初めて知り、そこから強く関心を持つようになりました。私は大学で学んでいた分野がプロジェクトマネジメントだったこともあり、将来はプロジェクトマネージャとして活躍したいと考えていましたし、自分の好きな分野やキャリアプランが会社の姿と一致すると思い、入社を決めました。

One day schedule