INTERVIEW

先輩社員紹介

営業職

日常の対話を通じて、
お客さまも気づいていない
課題を見つけ、解決策を考える
その“面白さ”を極めたい

西日本営業本部 中四国営業部 営業第三課
岡村 愛香
Okamura Manaka

2012年度入社

Q1営業のやりがいは?

ベストなサービスを考え、提案する

広島地区の営業として、既存のお客さまを中心に提案活動を行っています。お付き合いが長い分、お客さまのビジネス環境や特⻑を誰よりも熟知していることが当社の特徴。また、保守サービスで定期的にお客さま先を訪問しているカスタマエンジニア職(CE)からの情報や日々のヒアリングを通じて、より深く情報収集し、お客さまの立場に立った提案ができることが強みです。もちろん、自分だけでは価値ある提案はできないので上司や先輩、システムインテグレータ職(SI)やCEを巻き込み、自分にはないアイデアや知見を補ってもらっています。そんな風に時間をかけてお客さまにとってのベストなサービスを考えた提案であればあるほど、採用された時の喜びはひとしおです。

Q2印象に残っている仕事は?

初めて自ら中心となって提案をした案件

数年前、初めて自ら中心となってお客さまにご提案した案件を今でも鮮明に覚えています。このお客さまは情報セキュリティ強化をお考えだったのですが、セキュリティだけではなく、業務効率上の課題も一緒に解決できる仕組みを提案しました。お客さまもその提案を喜んでくださり、「自分たちでは気づかないところまで考えてくれてありがとう」という言葉とともに無事採用いただきました。

Q3今後の目標は?

“岡村がいるから大丈夫”と言わせたい!

この仕事にやりがいを感じているため、これからも営業として活躍したいと思います。そのためには営業スキルを磨いて、お客さまをはじめ社内のみんなから頼られる存在になることが今の目標です。当社は福利厚生や育児支援制度が充実していますし、産休・育休後の復職率も高いなど、女性にとって働きやすい会社なんです。仕事と家庭を両立させ、私もゆくゆくは育児をしながら営業として活躍する女性営業のモデルになりたいと思います。そして“中四国営業部には岡村がいるから、大丈夫”と言われることを目指していきたいですね。

Q4当社の魅力は?

チャレンジできる環境がある

実は、入社当時はCEとして働いていました。その中でお客さまと上手にコミュニケーションを取りながら提案活動や課題解決をしている「営業職」に興味を持つようになり、入社3年目に営業職への職種転換の機会があり、思い切って挑戦しました。当社は、社員が何かにチャレンジすることを積極的にバックアップしてくれる環境があると思います。

BREAKTIME

ランチは、もちろん“広島焼”!

ランチタイムは、同僚と一緒に広島焼(※「広島風お好み焼き」のことですよ)を食べることが多いですね。早く帰れる日は、広島焼とハイボールをもって広島カープの試合を観戦していることが多いかも!