INTERVIEW

先輩社員紹介

設計・構築・運用エンジニア職
サービス開発エンジニア

ICTシステム構築を担う一員として
業務を通じて
社会貢献を実感

ソリューション事業部 ICTソリューション部
小林 冬樹
Kobayashi Fuyuki

2017年度入社

Q1現在かかわっている仕事は?

ネットワーク製品の製品担当

ネットワーク関連機器の製品担当ということで、主に商品企画や販売促進活動、技術サポートなどを行っています。例えば、学校や役所などのお客さまのネットワークを構築するためにはさまざまな製品が必要となります。どのような製品を販売するか、どのように販売していくのかを考えるのが主な仕事です。時には、現場からの要請で、製品を導入する際の技術的サポートでお客さま先に伺うこともあります。

Q2具体的な仕事内容は?

販売体制の構築や販売方法の提案

当社はNEC製品だけでなく、他のメーカーの製品も取り扱っています。例えば、営業担当から、「このメーカーの製品を当社で販売できないか?」という相談を受けた場合、当社として取り扱うか検討し、販売するかどうかを検討します。さらに、そのようなさまざまな製品の性能評価を行ったうえで、特性やスペックなどの製品情報をわかりやすく資料にまとめることで、営業がお客さまに販売する際に困らないようにします。また、販売後に保守契約が結べるように、関連部署に協力を仰ぎながら保守体制を構築します。一方で、製品ごとに市場ニーズを調査・分析することで、どんなお客さまがターゲットとなるかを営業に提案することもあります。他にも、カスタマエンジニア(CE)や営業経由でお客さまの要望を満たす製品がないか相談を受けた場合は、製品知識を活かして、取り扱い製品の中で最適なものを紹介することで、提案活動のお手伝いをすることもあります。

Q3NECフィールディングの魅力は?

社会のインフラを支えているという実感

社会のインフラを支えている縁の下の力持ちだというところです。実際に仕事をとおしてお客さまがわかってくると、より自分に近いところでさまざまなICTシステムが社会インフラの一部になっており、それらに当社が携わっていることを知りました。自分も微力ながらその一員として、社会に貢献できていることを実感できるのがとても魅力です。

「当たり前のことが当たり前であること」、そんな普通の日常が「誰かに支えられることで成り立っている」ということを、業務をとおして感じられた時から、自分の価値観が変わりました。時間通りに通勤電車で来る時も“誰かがシステムを構築してくれたおかげなんだろうな”とか、電車が遅延した時も“システム復旧にむけて誰かががんばってくれているんだろうな”と感謝の気持ちが出てくるようになりました。

Q4今後の目標は?

後輩が困った時に頼ってもらえる先輩や上司

直近の目標は、資格取得です。自分が担当している業務で活用できる資格取得を目指しています。具体的には、情報処理推進機構の「応用情報技術者」資格や、「ネットワークスペシャリスト」資格です。どちらも国家資格なので難しいですけど、ネットワーク関連の業務に携わっているので、挑戦していきたいです。

将来の目標は、資格の勉強を通した知識の蓄積や業務での様々な経験をとおして自分を成長させて、後輩や部下から頼られる先輩、上司になりたいと思っています。

自分はまだ頼ることも多いですが、いつかは自分も頼ってもらえる存在になれたらと思っています。

voice

一人ひとりが挑戦できる素敵な職場

当社は、自分がやりたいことに挑戦しやすい職場だと思います。私の資格取得挑戦もみんなが応援してくれています。上司や先輩は、いつも部下や後輩のことを気に掛けてくれる素敵な職場です。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。