同期集合!若手社員座談会NECフィールディングの
“魅力”って?

入社3年目の同期が集まって、
職場の雰囲気や会社の自慢などいろいろ語ってもらいました。

メンバー紹介

学生へメッセージ

秋元 凌介スタッフ職
人事部

学生へメッセージ

上山 季美香システムインテグレータ(SI)職
LCM事業部
システムサポート部

学生へメッセージ

大野 昭徳営業職
東日本営業本部
東京第二営業部 営業第三課

学生へメッセージ

山﨑 文香カスタマエンジニア(CE)職
東関東支社
千葉支店 サービス課

入社して良かったと思うことは?

  • 山﨑

    みんな思いやりのある人で、やさしい人ばかりってことかな。おかげで、のびのび成長させてもらってると思う。

  • 上山

    私の職場も「わからないままで止まるくらいだったら全部聞いて」という雰囲気。だから、基本なんでも聞くようにしているよ。

  • 秋元

    入社前は「ICT会社だから、みんな黙々と仕事してるのかな」なんて思ってたけど、そんなことはなくて、和気あいあいとした雰囲気だよね。

  • 山﨑

    本当に、みんな面倒見がいい。私が悩んでいると、先輩たちがすぐに気づいて声をかけてくれるからね。自分も忙しいのに、周りを気にかけて心配できるって実は大変なことだと思うけど、それが当たり前にできるうちの会社ってすごい!って、ちょっと感動するもん。

  • 大野

    もともと保守業務から始まった会社だから、お客さまや他人の気持ちに寄り添える人が多いのかもね。あと、この会社に入って良かったって思うのは「お客さまのインフラシステムを支えている」ということ。“自分の仕事が社会に貢献している”って実感が持てるんだよね。

  • 上山

    そうだね。私も就職活動中の説明会で「24時間365日対応する」って聞いて、社会の縁の下を支えているんだなって、格好良さを感じたな。

教育研修は充実している?

  • 秋元

    大学時代の友人と話していても、ここまで初任研修の長い会社はなかなかないらしいよ。

  • 上山

    私も共通研修の後のSI研修で、主だった製品の違いや特長をじっくり学べたよ。

  • 秋元

    実際に仕事してみて「研修で勉強していてよかった」と思うことはあった?

  • 上山

    学んだ知識が全部使えるわけじゃないけど、研修中は要件定義にしたがって数人でシステムを構築したから、チームでの仕事の進め方や困った時の対処法は体験できたんだ。それが今でも役に立ってるよ。

  • 大野

    僕は営業職研修の時のグループワークが役に立っているな。グループワークを体験したおかげで相手にどう伝えたらいいのかを考えるようになって、実際に仕事してく上でも年上の人や外部の人とやり取りする時に自然と気をつけるようになったんだ。

  • 山﨑

    私は、技術的な研修を中河原(府中)の研修施設で受けた時に、訓練本部の方がお客さま役になって、入室の時の「失礼します」から「ありがとうございました」まで、一連でチェックされるテストがあったのね。技術面だけじゃなく、お客さまへの話し方やビジネスマナーまで、どこを直せば現場でスムーズに作業できるかを細かく指導してくれたから、すごくありがたかったな。

  • 秋元

    最初の新入社員教育も中河原の研修施設だったよね。あれで同期のきずなが深まったね。

  • 大野

    ずっと一緒にいたからね。いやでも深まる(笑)。

  • 上山

    いまでも関西から同期が出張で来たら集まって飲んだりするしね。

  • 山﨑

    そうそう。時々、休日に遊びに行くこともあるもんね。

ワークライフバランスは取れている?

  • 上山

    休暇の種類が多いから休みは取りやすいよね。学生時代の友だちにも羨ましがられるよ。

  • 山﨑

    年次休暇とは別の休暇がいろいろあるんだよね。ファミリーフレンドリー(FF)休暇とか。

  • 大野

    FF休暇ってまだ使ったことないんだけど、独身でも使える?

  • 秋元

    自分がカゼをひいたりして病院に行く時とか、子どもの授業参加やボランティアで社会貢献活動に参加する時にも使えるよ。だから、仕事の調整さえつけば休暇をうまく使ってメリハリのある働き方ができるんだよね。

  • 大野

    夏休みも土日挟んで9連休の取得が奨励されているから、海外旅行に行きやすい。今年はグアム、昨年はタイとプーケットに行ってきたんだ。

  • 上山

    休暇だけじゃなくて平日も自由が利くよね。もちろん繁忙期もあるし、自分のスケジュール管理次第だけど、定時退社して趣味に時間を割ける日もあるしね。

  • 秋元

    ワークライフバランスっていうと、日々のことだけでなくライフイベントもあるじゃない?

  • 山﨑

    女性にとってはやっぱり出産や育児が大きいかな。産休・育休制度や復帰後の時短制度が充実しているし、先輩たちも普通に取得してる。私の部署にも出産後に同じ役割で復帰した先輩がいるし。そういうのを見てると、女性が働きやすい会社だなと思う。

後輩に伝えたい“会社の自慢”は?

  • 秋元

    「文系でも安心」ってことかな。ICT企業に入りたいと思っても「理系の学生限定」って会社もけっこう多いけど、うちは教育学部出身の僕がやっていけるくらいだから(笑)。

  • 大野

    月並みだけど「やりがいがある仕事」ということかな。さっきも言ったけど、うちは社会インフラを支えているじゃない? それを改めて実感したのが、この前の台風被害の時なんだ。大型台風で河川が氾濫して事務所が水浸しになったお客さまがいて、復旧に駆け付けたことがあったんだけど、そうしたことがあると、やっぱり自分たちの仕事が社会に大きく影響するんだなと感じるんだよ。

  • 上山

    それだけ責任がある仕事をしているってことは、その分、覚悟も必要だよね。入社前に24時間365日対応は単に「かっこいい!」と思っていたけど、裏を返せば深夜や休日の対応も当然あるから。

  • 秋元

    交代制勤務や24時間のスライド勤務は整ってるけどね。たしかにその覚悟はいるね。

  • 山﨑

    覚悟がいるのは、修理のときも同じ。直らないとお客さまのビジネスにダイレクトに響くから、たとえ自信がなくても「できません」とは言えないよね。だから“逃げない心”を持つことが大事だと思ってる。

  • 一同

    おおー、かっこいい!(拍手)

  • 上山

    私が自慢したいのは、「多くの人たちと関われる」ことかな。とくに私は、全国のSIを後方支援する部署に所属しているから、一つひとつの仕事で違う人と接点がもてるんだよね。そこが、ほかのICT企業にはない魅力だと思う。

  • 山﨑

    後輩にいうなら「うちの会社に入れば、プロの技術者になれるよ!」かな。大学では電気学科だったんだけど、入社前はパソコンやプリンタを分解したことなんてなかった。そんな私でも、いまは現場に出て仕事をこなしているからね。

  • 大野

    たしかに教育研修や現場のサポート体制は手厚いね。

  • 上山

    それに周りは専門的な知識や技術を持つ先輩ばかりだから、どんどんスキルを吸収できるし。

  • 秋元

    自分の成長を感じられる仕事ということかな。