フィールディングEyeNECフィールディングがお届けする百花繚乱のコラム集

The Game Changer

試合の流れを一気に変える人--ゲームチェンジャー。物事の流れを根底から覆し、人々の暮らしや社会、企業活動などに変革をもたらす……。
歴史のダイナミズムとは、そのようなゲームチェンジャーたちによる挑戦の結果によるものかもしれません。
現代社会を揺り動かすゲームチェンジャーとはどのような人たちなのか。
変革をもたらす視点、独自の手法、ゴール設定、モチベーションをいかに維持するか等々、変革に挑戦した者だけが語ることができる物語を紹介します。

2016年9月29日

株式会社ベンチャーウイスキー 社長 肥土伊知郎氏にインタビューしました

第2回
株式会社ベンチャーウイスキー 社長 肥土伊知郎氏

秩父に蒸溜所を設立しウイスキー造りに挑戦

埼玉県秩父市の中心街から車で20分ほどの山間部に、ベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所がある。社長の肥土伊知郎氏は造り酒屋の出身で、サントリーに勤務した経験を持つが「最初は酒造りを継ぐ気はなかった」と笑顔で話す。それが一転、ウイスキー造りの道に進んだのは、実家の経営破綻という苦境だった。「実家に残された貴重なウイスキー原酒を廃棄するのは忍びなかった」ことからスタート。それは「ウイスキー造りは一代の仕事ではない」から。現在、肥土氏が造る「イチローズ・モルト」はなかなか手に入らないほど好評だ。

「最初は酒造りを継ぐ気はなかった」から一転

――肥土さんがウイスキー造りを始めることになった経緯についてうかがいます。生まれたのは秩父の造り酒屋ですね。

肥土 私の生家は江戸時代から続く造り酒屋で、祖父の代に東亜酒造という会社になりました。小さいころは酒蔵で遊んだり、仕込みの時期には蔵人が造る酒米の硬さをみるための「ひねり餅」を焼いて食べさせてもらったりしていました。しかし自分がいずれ酒蔵を継ぐという意識はなかったですね。
 大学は醸造学科ですが、これも浪人するのが嫌だったので、合格したから行こうという程度でした。心のどこかで家業のことは意識していましたが、大学生になっても、「後継者だから」とは思っていませんでした。
 就職したのはサントリーです。父と佐治敬三さんが知り合いだったという縁で。ものづくりに興味があったので山崎蒸溜所に行きたかったのですが、当時のサントリーは、蒸溜所に配属されるためには大学院を修了していなければならなかったので希望は叶えられず、もう一度面接を受けて営業部門に入ることができました。
 最初は販売企画の仕事でしたが、先輩の営業マンに「お前の企画は机上の空論だ」と言われて、営業の現場に出ることを熱望して異動しました。

――サントリーに入社したのは、いずれ実家を継ぐことを決めていたからなのでしょうか。

肥土 最初から実家を継ぐための修業でサントリーに入ったわけではないんです。父と話をして、サントリーに“骨を埋める”覚悟でした。そのころ、父が東京に小料理屋を3軒出していたりして、むしろ家業を継ぐのはしんどいなとさえ思っていたくらいです。
 それが東亜酒造の経営が行き詰まり、父が「戻ってこないか」というので、なんとか立て直せるかなとちょっと甘い考えで戻ったのです。しかし、会社はもう立て直すどころではありませんでした。一度落ちた取引先からの信用も回復できず、結局、できたばかりの民事再生法適用を申請しました。
 会社が進むべき道は、自主再建するかスポンサー企業を見つけるかの2つでしたが、早々に自主再建を断念し、他の酒造会社に譲渡することになりました。それで東亜酒造という名前も残るし、従業員の雇用も確保できる。しかし譲渡が完了するまでは、非常につらい時間でした。
 その時の経験が今に生きています。東亜酒造を人手に渡す前にどん底を経験し、そこから抜け出せたのだから多少つらいことがあっても乗り越えられる、と思うのです。

1人で会社をスタートしバー回りでウイスキーを勉強

――ベンチャーウイスキー設立はすんなりと進んだのでしょうか。

1人で会社をスタートしバー回りでウイスキーを勉強

肥土 東亜酒造は羽生蒸溜所(埼玉県)でウイスキーも造っていたので、その原酒の樽が大量に残っていました。しかし、経営を引き継いだ会社は原酒を引き取ってくれませんでした。他の会社にも話をもっていったのですが、当時はウイスキー全体の人気が落ちていて、大企業ですら在庫を減らさなければならない状況だったので、それも断られました。
 法律では、ウイスキーの原酒を預かってもらうには、ウイスキー製造の免許を持つ会社の倉庫でなければならないという決まりがあります。原酒を蒸溜した場所から移動させるだけで酒税がかかるので、保税倉庫のような場所が必要になるんです。
 八方手を尽くしましたが、ウイスキーを製造している会社が少ない。あきらめきれずにいたところ、福島県郡山市に本社がある笹の川酒造の山口哲蔵社長が「ウチで預かってあげる」と。祖父が造り始めたウイスキーはその時で20年近い物になっていました。山口社長からは「原酒を捨てるというのは業界の損失」と言われました。私も「20歳になった羽生蒸溜所の子供たちを世に送り出すことが使命だ」と思い、本格的にウイスキー事業を始めることにしたのです。そして残った原酒を売るだけではいずれ何もなくなってしまうので、蒸溜所を作って自ら製造しなければならないと決意しました。

――東亜酒造の原酒は売れたのですか?

肥土 シングルモルトは、例えばサントリーなら「山崎」「白州」、ニッカウヰスキーなら「余市」といったように、蒸溜所がある地名を商品名にするのが定番です。本場のスコッチウイスキーでも同じ。しかし羽生蒸溜所で造った原酒だからといって「羽生」にしてしまったら、せっかく名前を憶えてもらった時には原酒がなくなってしまいます。そこで、名前でいこうと決めて、最初は苗字を使い「アクトーズ・モルト」にしようと思ったが語呂が悪い(笑)。なので、名前を使って「イチローズ・モルト」というブランドで売ることにしました。名前をブランドとして使う例はよくあるのです。有名な「ジョニー・ウォーカー」や「ジャック・ダニエル」などがそうですね。
 最初は自分で東京を中心にバーを回りました。バーテンダーさんの話を聞いたり、羽生蒸溜所のモルトを紹介したり。2年間で延べ2000軒くらいは回ったでしょうね。そこで語り合ったことが非常に役立ちました。
 バーテンダーさんは同業者と横のつながりがあって、自分の弟子の店を紹介してくれたり、こちらが「近所にいいバーはありませんか」と聞くと教えてくれたり。この時期は楽しかったですね。「いずれ蒸溜所を造りたいんだ」と夢を聞いてもらって、バーテンダーさんも「いいものができたら扱わせてください」なんて言ってくれました。

――秩父に蒸溜所を造った理由を教えてください。

肥土 埼玉は自分が生まれた土地ですし、地元には協力してくれる人も多かったので。また、酒造りをしていた場所なので水がいいということもあります。
 蒸溜所を作るための準備として、本場のスコットランドもメインランドやアイラなどくまなく回りました。ウイスキー造りの知識も足りないと思っていたので、最初は大手の見学コースがあるような蒸溜所を回りました。しかし、私が考えている規模よりはるかに大きいので、あまり参考にはなりませんでした。そこで小さな蒸溜所を回るようになり、ずいぶん教えてもらいました。「日本で小さな蒸溜所をやりたい」と話すと、気軽に教えてくれるんです。ただ、彼らの経験の中で「蒸留液は“ここ”で切るんだ」と言われても、その「ここ」という感覚がわからない。なかなか奥が深い世界だぞ、と覚悟しました。
 秩父蒸溜所の完成は2007年11月です。2008年2月にウイスキー製造免許が取れて、秩父での製造が始まりました。蒸留に使うポットスチルは、本場スコットランドのフォーサイス社に発注しました。長年ポットスチルを製造している会社で、豊富な経験とノウハウを持っています。蒸溜所の規模や味わいなどを伝えると、このタイプがいいと具体的に提案してくれるんです。日本にもポットスチルを作るメーカーはありますし、完璧な設計図を持っていけば完璧に仕上げてくれますが、当時の自分たちに、味に合わせた設計図を作るようなノウハウと経験はありませんでした。
 2008年に仕込みを始め、2011年に最初のモルトウイスキーを出荷しました。今、蔵の中にあるのは、最長でまだ8年物のモルトということになります。熟成させる樽にはワイン樽も使いますし、シェリー樽、バーボン樽、ミズナラ樽も使います。また、発酵槽にもそのミズナラを使用しているというのも秩父蒸溜所のユニークさの一つです。

取り引先や支援してくれた人と「30年物」を飲むのが夢

――「イチローズ・モルト」はたいへん好評で、なかなか手に入らないと聞きました。

肥土 英国のウイスキー専門誌のモルト部門で賞をもらうことができて、少しは知名度が上がったかなと。ただ小規模なので大量生産ができず、ご要望に応えられていないのは残念です。今の規模は、最大3交代で1日3仕込みすれば年間9万リットルを生産することができます。もっとも、寝かせていると「天使の分け前」といって揮発する分があり、若干減るのですが。昨年からは1日2仕込みを試験的に行っており、それがしっかりとできれば少しは生産量が増やせそうです。今はこれくらいの規模が適正だと考えています。まだまだ工夫は続けなければなりませんし。ちょっとした違いで風味が変わってくるので手が抜けないんです。今まではベンチャーウイスキーのブレンダーは私だけでしたが、後進の育成も始めました。
 1人で始めたベンチャーウイスキーは、今では社員13人とパート社員が数名という規模になりました。社員は皆、ウイスキーが好きで、仕事が終わった後にウイスキーの雑誌を読んだり、休みの日には都内のバーを回るなど、仕事なのか趣味なのかわからないところが嬉しいですね。

取り引先や支援してくれた人と「30年物」を飲むのが夢

――肥土さんの夢を教えてください。

肥土 秩父蒸溜所で仕込んだ30年物のシングルモルトを飲むことです。私が70歳を少し越えたくらいにできるので、健康でいられれば飲めるだろうと思っています。取引先や支援してくれている人たちを集めて皆で飲みたいですね。どんな風味になっているか、期待と不安があると思いますけど。
 もう一つの楽しみは、長女が18歳で、あと2年もすればお酒が飲めるようになること。最初からアルコール度数の高いシングルモルトというわけにはいかないでしょうが、お酒を楽しめるようになるといいですよね。先日もちょっと聞いてみたのですが、まだ飲んだこともないのでウイスキー造りには興味がないようです。まあ、私も最初は実家を継ぐどころか、どうしたら継がないで済ませられるかばかり考えていましたが。いずれ長女がベンチャーウイスキーを継いでくれれば、それは嬉しいのですが……。本人の考え次第ですね。幸いウイスキー造りが好きな若者が集まってきましたし。
 日本でも小さな蒸溜所がいくつか計画され、実際に今年から事業をスタートさせる蒸溜所もあります。スコットランドには、かつては3人くらいでウイスキーを造っていた蒸溜所があり、それを東京で飲むこともできます。私がベンチャーウイスキーを作った時、いつかは地球の裏側でも私が造ったウイスキーを楽しんでもらいたいと思いました。
 ベンチャーウイスキーもそうですが、日本でも小さな蒸溜所ができて、それぞれに個性のあるウイスキーが登場したらおもしろいと思うんですよ。スタートしたばかりの小規模の蒸溜所が、大メーカーでは造れないウイスキーを造り、様々なウイスキーが市場に出ることで日本のウイスキー文化がさらに深みを増していくと期待しています。
 ウイスキー造りは一代の仕事ではありません。私も先代までが仕込んでくれたウイスキーを売ることからベンチャーウイスキーをスタートさせました。先代が仕込んで、次の代が売るというのは普通のことなんです。もっと長いスパンで考えれば、樽に使うオークの木などは、何十年、何百年と育った木を使っています。その樽の成分が滲み込んでいると考えれば、長い年月かけて育った生命が凝縮されているともいえるのではないでしょうか。

◆取材を終えて◆
肥土社長が語る
シングルモルトを楽しむワンポイント

 静かな語り口ながらウイスキー造りへの情熱がひしひしと伝わってくる肥土社長。ウイスキー造りの大変さや、ウイスキーの深い魅力にあらためて気づかされた取材でした。取材の最後に、肥土社長おすすめのウイスキーの飲み方を教えていただきました。
 「私の場合、まず香りを楽しみ、一口含んで味を楽しみます。そしてチェイサーで口をリフレッシュして、また味を楽しむ。そういうスタイルです。半分ほど飲んだら、ほんのちょっとだけ水を加えるのもおすすめです。そうするとフワッと香りが立ってくるんです」

 ウイスキーの素敵な飲み方を教わりましたので、今度はぜひバーで実践したいと思います。(編集部)

プロフィール
肥土伊知郎(あくと・いちろう)氏

株式会社ベンチャーウイスキー社長

1965年生まれ。実家は祖父が設立した東亜酒造。東京農業大学醸造学科卒業後サントリー入社。その後東亜酒造に入社するが、経営破綻で事業譲渡。2004年にベンチャーウイスキーを設立し、東亜酒造に残された原酒から作ったウイスキーの販売をスタート。2007年秩父蒸溜所が完成。同社の「イチローズ・モルト」は「ワールド・ウイスキー・アワード2007」でベスト・ジャパニーズ・シングルモルトに選ばれた。

プロフィール肥土伊知郎氏

撮影:清水タケシ
監修:株式会社日経BPコンサルティング
記事中の意見・見解はNECフィールディング株式会社のそれとは必ずしも合致するものではありません

コラム「フィールディングEye」へ戻る