フィールディングEyeNECフィールディングがお届けする百花繚乱のコラム集

はじめてのOutlook

2021年01月11日

第9回PCを立ち上げるのと同時にOutlookを自動的に起動させる方法

PCを立ち上げるのと同時にOutlookを自動的に起動させる方法

Windows 10 パソコンを起動したとき、すぐに行う作業は「メールチェックだ」という人は多いと思います。その際、毎回いちいち、メールソフトであるOutlookをダブルクリックして起動させるのは面倒だと感じたことはないでしょうか。

そこで、パソコンの起動と同時にOutlookも自動起動するように設定をしておきましょう。1回ではわずかな時間ですが、パソコン起動時の毎回の手間を軽減できるようになります。

スタートアップにOutlookを登録する

Windows 10 には、起動したのと同時に登録しておいたアプリケーションを立ち上げてくれる「スタートアップ」という機能があります。

このスタートアップにOutlookを登録しておけば、Windows 10 パソコンの起動と同時にOutlookも起動されるようになります。

スタートアップへの登録は以下のような流れで行います。

  • 1.
    「Windows」キーと「R」キーを同時に押す
  • 2.
    表示された「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「shell:startup」と入力
  • 3.
    「スタートアップ」フォルダーが表示されるので、そのフォルダーへOutlookのアイコンをドラッグ&ドロップ
  • 4.
    「スタートアップ」フォルダーにOutlookのショートカットアイコンが登録される
  • 5.
    次回のWindows 10 起動時から、Outlookも同時起動される

このような設定をしても、Outlookが自動起動しないときには次のことを試してみましょう。

Outlookが自動起動しないときは?

Outlookが自動起動しないときには、タスクマネージャーのリストにOutlookが表示されているか確認します。

確認するにはまず、Windows 10 のデスクトップ画面の最下部に表示されているタスクバーを右クリックします。そこで表示されたメニューで「タスク マネージャー」を選択します。

ダイアログが表示されますので、画面上部に表示されている「スタートアップ」タブを選択します。表示された一覧の中からOutlookを探し、「状態」の内容が「無効」になっていないかどうか確認します。※簡易表示されている場合は画面下部にある「詳細」をクリックしてください。

もし「無効」になっていたら、「無効」を右クリックして表示されたメニューで「有効化」を選択します。こうすることで、次回のWindows 10 起動時からOutlookが自動起動されるようになります。

スタートアップにOutlookを登録したときに、Outlookが二重起動されてしまうこともあります。

Outlookが二重起動してしまうときには

スタートアップにOutlookを登録したとき、Outlookが二重起動されてしまうときには、以下を試してみましょう。

「スタートアップ」フォルダーのOutlookのショートカットアイコンを右クリックし、表示されたプルダウンメニューの一番下に表示されている「プロパティ」をクリックします。そこで、表示される「プロパティ」の「リンク先」を確認します。

その「リンク先」には「"C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\OUTLOOK.EXE"」というようなアドレスが記載されています(それぞれのWindows環境によりアドレスは異なります)。

そのアドレスの末尾に「/recycle」がついてなければ追加することで、Outlookが二重起動しないようになります。

Outlookの自動起動を止めたいときはどうする?

Outlookの自動起動を止めたいときには、「Windows」キーと「R」キーを同時に押し、表示された「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「shell:startup」と入力。表示された「スタートアップ」フォルダー内にあるOutlookのショートカットを削除します。

こうするだけで次回のWindows 10 起動時からOutlookは自動起動されなくなります。

まとめ

Outlookを起動するために待つ時間はダブルクリックをして少し待つだけの間です。しかし、そんなわずかな時間の節約でも、パソコンの起動時に必ずOutlookでメールチェックをするというのであれば自動起動を設定しておくことで作業効率化につながります。

ただしパソコン起動時の待ち時間は、わずかですが余計にかかることになります。「Outlookのメールチェックを毎回するわけではない」という場合には、Outlookの自動起動設定は行わないようにしましょう。

コラム「フィールディングEye」へ戻る