フィールディングEyeNECフィールディングがお届けする百花繚乱のコラム集

はじめてのOutlook

2021年12月14日

第8回パソコンのOutlookをスマホと同期して、いつでもどこでもメールを確認する方法

パソコンのOutlookをスマホと同期して、いつでもどこでもメールを確認する方法

Outlookは無料で使えるスマホアプリ版も用意されています。そのスマホアプリをインストールしてWindows 10 パソコンのOutlookと同期しておくことで、いつでも、どこでもOutlookのメールをスマホでチェックできるようになります。今回は、Windows 10 パソコンのOutlookとスマホアプリのOutlookを同期する方法を解説します。

iPhoneでOutlookを同期する方法

Outlookのスマホアプリは、iPhone用、Android用、どちらも用意されています。iPhoneにOutlookをインストールして、メールを同期する方法は以下のとおりです。

  • 1.
    Appストアで「Outlook」と検索し、「Microsoft Outlook」というアプリを入手する
  • 2.
    iPhoneにOutlookがインストールされると、「アカウントの追加」画面が表示される
  • 3.
    Windows 10 のOutlookで設定した時と同じメールアドレスを入力し「アカウントの追加」をタップする
  • 4.
    パスワード入力画面が表示されるので、Windows 10 のOutlookで設定しているパスワードを入力して「サインイン」ボタンをタップする
  • 5.
    「別のアカウントを追加しますか?」と表示されたら「後で」をタップする
  • 6.
    「”Outlook”は通知を送信します。よろしいですか?」というダイアログが表示されるので、「許可」あるいは「許可しない」のどちらか好きなほうを選びタップする
  • 7.
    受信トレイにWindows 10 パソコンのOutlookと同期されたメール一覧が表示される

Android(アンドロイド)でOutlookを同期する方法

Android(アンドロイド)スマホにOutlookのスマホアプリをインストールして、メールを同期する方法は以下のとおりです。

  • 1.
    Google Playで「Outlook」を検索し、「Microsoft Outlook」というアプリをインストールする
  • 2.
    アンドロイドスマホにOutlookがインストールされたら、「アカウントの追加」画面でWindows 10 のOutlookで設定した時と同じメールアドレスを入力し「続行」をタップする
  • 3.
    パスワード入力画面が表示されるので、Windows 10 のOutlookで設定しているパスワードを入力して「サインイン」ボタンをタップする
  • 4.
    Outlookの認証が始まり、「パスワードをGoogleに保存しますか?」という画面が表示されるので、「今は保存しない」あるいは「はい」のどちらか好きなほうを選んでタップする
  • 5.
    「別のアカウントを追加しますか?」と表示されたら「後で」を選択する
  • 6.
    「優先受信トレイ」という画面が表示されたら「スキップ」をタップする
  • 7.
    受信トレイにWindows 10 パソコンのOutlookと同期されたメール一覧が表示される

Outlookに複数のメールアカウントを集約させる

スマホのOutlookに、GmailやYahooメールなど、複数のメールアカウントを集約させ、一括で受信することもできます。

Outlookの「設定」→「メールアカウントの追加」→「アカウントの追加」画面から、集約させたいメールアドレスとパスワードを入力します。そうすれば、新規メール受信時に追加したメールアカウントのメールも受信されるようになります。

アンドロイドスマホの場合、「アカウントの追加」画面で「Googleアカウントの追加」をタップすることで、すぐにGmailのメールアカウントを追加することができます。

Outlookの予定表(カレンダー)や連絡先(アドレス帳)が同期されないときは?

Windows 10 パソコンのOutlookとメールアカウントは同期されても、予定表(カレンダー)や連絡先(アドレス帳)が同期されないというときには、以下の項目をチェックしてみましょう。

Outlookの「設定」画面を開き、メールアカウントで予定表(カレンダー)や連絡先(アドレス帳)を同期したいメールアドレスをタップします。そうすると「アカウント情報」画面が表示されますので、「連絡先の同期」「予定表の同期」を有効にします。

そうするだけで、Outlookの予定表(カレンダー)や連絡先(アドレス帳)の同期が行われるようになります。

まとめ

Windows 10 のOutlookとスマホのOutlookを同期しておけば、会社に届いたメールや個人宛に届いたメールでも、スマホで場所を選ばずに確認できるようになります。複数のメールアカウントでも一括でチェックできるようになるので、メールチェックのための作業時間の効率化が図れるようになるでしょう。

コラム「フィールディングEye」へ戻る