ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > トピックス >第15回環境コミュニケーション大賞「環境報告書部門 優秀賞」受賞について
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

第15回環境コミュニケーション大賞「環境報告書部門 優秀賞」受賞について

当社が2011年10月に発行した「CSR報告書2011」が、このたび、第15回環境コミュニケーション大賞(主催/環境省、財団法人 地球・人間環境フォーラム)において、「環境報告書部門 優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞いたしました。

環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書や環境活動レポート、及びテレビ環境コマーシャルを表彰することにより、事業者の環境経営及び環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度で、1997年より実施され、今回で15回目を迎えます。

今回の環境コミュニケーション大賞は、「戦略的環境経営と情報開示」をメインテーマに募集が行われ、環境報告書部門では237点の応募があり、そのうち18点が表彰されました。

当社が受賞した「優秀賞」は、持続可能性、地球温暖化防止、生物多様性、信頼性等、環境の様々な側面に焦点を当て、優秀な取り組みや情報開示を進めている企業を表彰するもので、特に当社は以下について評価されました。

ISO26000、ISO14000準拠するよう社内目標を掲げ、積極的に展開

生物多様性保全活動への取り組み

CSR報告書の見易さへの配慮


当社受賞講評

環境活動も含めISO26000とISO14000に準拠するよう社内目標を掲げ、積極的に取り組んでいる内容が読み取れる。中長期計画「フィールディンググループ環境経営行動計画2017/2030」を制定しているのもその一つであり、パートナー・協力会社のISO14001認証取得支援していることも評価することができる。

業務の効率化と環境負荷の低減のために、生産革新活動に取り組んでおり、持続可能な社会のために自ら変わる、社会を変えるとして、持続可能性についても環境方針を改定し中長期的な目標値を設定しており評価できる。

また、生物多様性保全活動に関しても、本質を理解するためのセミナーの開催、中期環境経営計画の環境ビジネスの強化・促進を一つの柱としていること、インドネシアでの植林ツアーの実施など、大いに評価できる。

紙面の見やすさへの配慮として、理解しにくい専門用語などには解説をつけ、詳細内容などについては、ホームページに誘導するなど、分かりやすい報告書となっている。

(出展:地球・人間環境フォーラム)


当社は、今後も環境と調和した持続可能な社会の構築に貢献していくとともに、その取り組み内容について積極的に開示してまいります。

表彰式の様子表彰式の様子
写真左から:
炭谷 茂 地球・人間環境フォーラム理事長、
櫛部 健文 当社CSR経営推進部長

賞状賞状


関連情報

第15回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について(環境省)

NECフィールディングの環境経営

NECフィールディング CSR報告書2011

以上

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.