ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >NEC、奈良先端科学技術大学院大学からコンテナ型データセンターを受注
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

NEC、奈良先端科学技術大学院大学からコンテナ型データセンターを受注
~災害時のバックアップ環境を整備~

2012年9月24日
日本電気株式会社
NECフィールディング株式会社

コンテナ型データセンター イメージ図

NECは、国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(以下NAIST、注1)から、コンテナ型データセンターを受注しました。NAISTは、本データセンターを利用し、災害時のバックアップ環境をキャンパス内に整備します。

NAISTは、本年12月から本データセンターを稼動予定であり、本件は国内の大学において先進的な事例となります。

NAISTは、災害対策(DR: Disaster Recovery)の研究と評価、および実現のために、自学内にデータセンターを設置することを計画していました。このたび、短期間・低コストで導入ができ、運用・保守がしやすく、さらにセキュリティも確保できるコンテナ型データセンターを採用し、教育研究システムの可用性を高め、バックアップ環境を充実させます。また、研究室の既存サーバを本データセンターに集約することで、サーバの効率的利用を図り、教員や学生の教育・研究環境の向上および省エネ環境を実現します。

NECが提供するNECフィールディング製(注2)のコンテナ型データセンターは、汎用空調機を使用し、外気冷却を使用しない冷却システムにおいては、優れた冷却効率を実現しています。また、データセンターの基礎部分に空調機等を収納することで、より広いラックスペースを確保しており、最大14ラック設置可能な構造となっています。さらに、コンテナ本体は耐震構造であるとともに、搭載されるラックも免震装置を装備しており、万一の震災時もデータの安全を確保します。

NAISTは今後、本データセンターに最新の太陽光パネルを使用した発電システムと高圧直流電源を組み合わせた電源の活用によるシステムの継続的稼働の実現・更なる省エネ環境の構築や、大学内の建物と本データセンターを小電力無線システムによりネットワークで繋ぐことなどの災害対策(DR)を計画しています。さらには、沖縄科学技術大学院大学(OIST)や北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)と連携し、相互バックアップシステムを構築するなど、本データセンターを活用しながら「災害対策(DR)」と「省エネ」を進めて行く計画です。

NECとNECフィールディングは、引き続き、官公庁や自治体、企業等に対し、コンテナ型データセンターを含む事業継続・災害対策関連ソリューション及び省エネ対策ソリューションを提供していきます。

なお、NECフィールディングのコンテナ型データセンターのイメージ図については、別紙をご参照ください。

(注1)学長:磯貝 彰

(注2)NECフィールディング株式会社(代表取締役 執行役員社長:伊藤 行雄)

以上

【本件に関する情報】
http://www.fielding.co.jp/it_health/service/mdc/index.html

【本件に関するお客さまからの問い合わせ先】
NEC 文教・科学ソリューション事業部
メール:webmaster@elsd.jp.nec.com

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.