ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >「サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)」の商品化について
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)」の商品化について
~サーバ仮想化ソリューションパックに新たにVMwareモデルを追加~

平成22年6月29日
NECフィールディング株式会社

NECフィールディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:中西清司、略称:NECフィールディング)はこのたび、安定稼動する仮想サーバを短期間で導入可能とするサービスとして本年1月に商品化した「サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)」のモデル拡充として、「サーバ仮想化ソリューションパックVMwareモデル)」を商品化し、本日から販売活動を開始いたしました。

「サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)」は、サーバ仮想化ソフトウェアとしてVMwareを採用し、仮想サーバを稼動するために必要なハードウェアとソフトウェア、および仮想サーバを実際に利用できるようにするまでの各種セットアップ作業に加え、運用開始から3年間のリモートによる監視サービスと保守サービスを一括して提供するものであります。

従来、サーバ仮想化ソフトウェアとしてHyper-Vを採用したサーバ仮想化ソリューションパックを提供しておりましたが、Windows  NT 4.0やLinuxなどHyper-Vでは未サポートのOSを使用したいというニーズに応え、それらOSを稼働可能とするVMwareを利用したサーバ仮想化ソリューションパックを商品化いたしました。

「サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)」は、「同(Hyper-Vモデル)」と同様に、事前に動作検証を行ったハードウェアとソフトウェアの組み合わせで提供することと、仮想サーバを構築するサービスを一括で提供することで、構築作業を容易化し導入に要する期間を短縮すると同時に、安定して稼動する仮想サーバを構築するものであります。

新サービスの主な特長は以下の通りです。

1. サーバ仮想化ソフトウェアとしてVMwareを採用

サーバ仮想化ソフトウェアとして、採用実績の多いVMwareを採用。これにより、Hyper-Vでは未サポートのWindows NT 4.0やLinuxなどのOSも仮想サーバ上で利用可能。

2. 新たにFTサーバパックを加え、全4タイプをラインアップ

評価環境として利用可能な最小構成モデル「スモールスタートパック」、ハードウェア障害発生時に手動でスタンバイ機に切り替えて業務を継続可能な「スタンバイPLUSパック」、ハードウェア障害発生時に自動でスタンバイ機に切り替えて業務継続可能な高可用性を実現する「IP-SANパック」の3タイプの商品をHyper-Vモデルと同様に用意したことに加え、新たに「FTサーバパック」をラインアップ。

「FTサーバパック」では、サーバとして、NEC独自の高可用性技術である「GeminiEngine(ジェミニエンジン)」を搭載したフォールト・トレラントサーバ(無停止サーバ)を採用。同サーバは、CPUやメインメモリをはじめとした主要なモジュールを二重化しており、万が一、一方のモジュールに障害が発生しても自動的に障害の発生したモジュールを切り離し、システムを停止させることなく継続して運用を行うことが可能。

3. 3年間の監視サービスと保守サービスを標準提供

3年間のリモートによるサーバ状態監視サービス(Express通報サービス)およびハードウェア保守サービスを標準提供。監視サービスによりサーバの障害予兆や障害発生を検知し、保守サービスと連携することで、システムダウンの未然防止や、万一のシステムダウンに対してもシステム停止時間を最小化。

新サービスの価格は最小構成モデルである「スモールスタートパック」で398万円(税別)で、NECフィールディングでは、今後1年間で50セットの販売を予定しております。

近年、サーバ台数削減による省スペース、省エネルギー、運用コスト低減、あるいは新しいハードウェアでは利用困難なソフトウェア資産を継続利用するといった目的で、サーバ仮想化の導入ニーズが高まっております。更に、今後急速な普及が見込まれるクラウドコンピューティング環境を実現するためには、仮想化技術を利用した効率的なシステム構築が必須であります。

このような背景から、仮想サーバの導入を容易化するとともに、導入後も安定した運用を可能とする「サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)」を商品化しましたが、更にお客様の多様なニーズに対応するために「サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)」をモデル追加したものであります。

新サービスの詳細は別紙をご覧ください。

(※)記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

以上

【本件に関するお客さまからの問い合わせ先】
NECフィールディング株式会社
ソリューション事業推進本部 計画部 上野、佐藤
電話:03-3457-7190
メール:vm-promo@star.fielding.nec.co.jp

別紙

サーバ仮想化ソリューションパック(VMwareモデル)の概要

①スモールスタートパック概要

「仮想化環境を最小の投資・構成で始めたい」という企業にお奨めするモデルです。
・ラックまたはタワータイプのサーバに、VMware、および、ゲストOS 1つをセットアップしご提供します。
・ハードウェア監視ソフトウェアを標準搭載し、サーバの状態監視や異常検出が可能です。
・将来の拡張や本番環境での適用を鑑み、高信頼性、高性能の2Wayサーバを採用し、CPU・ディスク・メモリの十分な拡張性を確保しています。

イメージ

② スタンバイPLUSパック概要

「必要最小限の構成でいいのだが、1台では耐障害性に不安・・」という企業にお奨めするモデルです。
・本番運用で必要な可用性を考慮し、スモールスタートパックを2式組み合わせてホット・コールドスタンバイ機のセットとしています。
・ハードウェア障害時には別サーバで業務継続でき、復旧時間の短縮が可能となっています。

イメージ

③ FTサーバパック概要

「高可用性も必要だが、運用負担を軽減したい」という企業にお奨めするモデルです。
・仮想基盤サーバとしてFTサーバを採用することにより、信頼性の高い無停止システムを提供します。
・FTサーバは2つのモジュールで動作しており、片方のモジュールで障害が発生しても、もう片方のモジュールで業務の継続が可能です。

イメージ

④ IP-SANパック概要

「ある程度可用性が必要とされる業務で仮想化を利用したい」という企業にお奨めするモデルです。
・高い可用性が必要とされる業務での利用を想定し、VMwareのHA機能を実装しています。
・ハードウェア障害時には自動でサーバが切り替わり業務の継続が可能となっています。

イメージ

⑤ 各パックの構成

項目 パック名 スモールスタートパック スタンバイPLUSパック スタンバイPLUSパック IP-SANパック
仮想化環境 VMware vSphere4 Essentials Essentials Essentials Essentials Plus
VMware仮想基盤サーバ 1台 2台 1台(FTサーバ) 2台
管理端末用ノートパソコン 1台 1台 1台 1台
IP-SANストレージ - - - 1台
管理用サーバ - - - 1台
構築サービス 仮想化ソフトウェアVMwareセットアップ
仮想ネットワークセットアップ
仮想基盤サーバ監視ソフトセットアップ
ゲストOSインストール
現地調整作業
ドキュメント 設定値一覧表
基本操作説明書
保守 オンサイトハードウェア保守 3年 3年 3年 3年
PPサポートサービス 3年 3年 3年 3年
監視通報
ハードウェア監視機能
Express通報サービス
標準価格(税別) 398万円 598万円 798万円 1,198万円

⑥ オプション概要

サービス名 サービス内容
システム移行支援サービス ・オンサイトで物理サーバから仮想サーバへのシステム移行を支援。
バックアップ構築サービス ・仮想サーバのバックアップシステムを構築。
無停電電源装置セットアップサービス
・無停電電源装置を追加し、停電時は自動でシャットダウンを行うためのソフトウェアの導入と設定を実施。
運用監視サービス ・仮想サーバ上のゲストOSの死活等を監視し、状況に応じて監視センタへ自動通報。
仮想サーバ復旧サービス ・ディスク障害で消えてしまった仮想サーバをディスク交換作業時にあわせてバックアップデータから復旧。
スモールスタートパック/
スタンバイPLUSパック/
FTサーバパック
仮想マシン追加サービス
・VMware上にゲストOSを作成。
IP-SANセット
仮想マシン追加サービス
・VMware上にゲストOSを作成し、ハードウェア障害時のサーバ自動切換えを行う設定を実施。
セキュリティ対策サービス ・仮想サーバへセキュリティ対策ソフトウェアを導入。
・アプライアンス仮想サーバ「InterSafe」を導入。

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.