ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >コンタクトセンターを核とした修理サービス体制を実現する「IFSサービスマネジメントソリューション」の強化について
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

コンタクトセンターを核とした修理サービス体制を実現する「IFSサービスマネジメントソリューション」の強化について

平成18年7月27日
日本電気株式会社
NECフィールディング株式会社

NECはこのたび、製造業のアフターサービス業務向けソリューション「IFSサービスマネジメントソリューション」において、新たにコンタクトセンターを核とした迅速且つ効率的な修理サービス体制を実現するシステムコンポーネント群(ソフトウェア部品)を開発し、本日から提供を開始いたしました。

新ソリューションは、ITシステムの保守サービスにおいて豊富な実績を有するNECフィールディングの保守サービス体制をモデルとして開発したものであり、新たにCTI(※注)連携、モバイル連携、およびナレッジ検索などの機能を強化し「IFSサービスマネジメントソリューション」に付加するシステムコンポーネントとして提供するものであります。

今回の強化により、「IFSサービスマネジメントソリューション」において、新たに①コールセンター機能(作業受付管理、情報共有の一画面化)、②保守技術者の動態管理機能(状況管理機能強化)、③保守用の部品や機材の在庫管理強化機能(保守業独特な管理への対応)などを提供いたします。同ソリューションを利用することにより、顧客情報(構成情報、契約情報等)管理、購買管理、受注~請求業務などのサービス業務を有機的に統合しつつ、顧客のニーズにきめ細かく対応することが可能となります。

なお、新ソリューションは、NECフィールディングの中国における保守サービス事業会社であるNEC飛鼎克信息技術服務(北京)有限公司(日本語表記:NECフィールディング情報技術サービス北京)で導入し、本年3月1日から本格稼動を開始しております。これにより、新ソリューションの有効性と中華圏での実用性を確認し、このたび本格的に新ソリューションの営業活動を開始するものであります。

NECでは、今回の「IFSサービスマネジメントソリューション」強化により、今後2年間で国内外25ユーザへの販売を見込んでおります。

近年、保守サービス事業においては、業務を効率化しつつ顧客満足度を高めることが最重要課題になっています。お客様から見たアフターサービスへの期待は、ハイスキル・ハイマナーなコールセンターだけでなく、迅速且つ確実な修理サービスが求められており、ハイスキルなCE(技術者)に正確な情報が伝えられ、約束した時間内駆けつけられる仕組みと、必要部材が確実に届けられる三位一体の仕組みが必要であります。このようなシームレスな連携が出来てはじめて、顧客に対する「安心出来るサービスの提供」が可能となります。
更に、顧客との接点が多くあるコンタクトセンターに関しては、顧客ニーズを収集・蓄積し、競争力を高める役割も期待されています。NECおよびNECフィールディングの取り組みは、このようなニーズに応え、お客様の保守サービス事業の利益率向上及びCSの向上に寄与することを目指したものであります。

以上

IFSおよびIFS社の全ての製品は、IFS社の商標です。
その他、記載された会社名、商標名は各社の商標または登録商標です。

(※注) CTI: Computer Telephony Integration
電話やFAXなどをコンピュータシステムと連携させる技術。

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.