ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >NECフィールディング株式会社からの情報流出について
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

NECフィールディング株式会社からの情報流出について

平成17年12月27日
日本電気株式会社
NECフィールディング株式会社

NECの関連会社であるNECフィールディング株式会社において、同社社員の自宅で使用しているパソコンがコンピュータウイルスに感染し、同パソコンに保存されていた82顧客の情報が、ファイル交換ソフトを介在してインターネットのWinny(ウィニー)ネットワークに流出するという事態が発生いたしました。流出した情報は、客先に納入したITシステムの保守履歴(機器の点検記録、機器修理の記録など)、客先に提出した機器・サービスの見積書、NECフィールディングの社内資料(保守マニュアル、修理手順書)などとなっております。

NECグループ各社では、従来から個人用パソコンでの業務関連データ利用を禁止するルールを定め、その徹底を図っておりましたが、今回このような事態が発生し、お客様には多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。なお、流出の対象となりましたお客様には個別に連絡し、お詫びとご説明を行っております。

NECではこのたびの事態をきわめて重く受けとめ、NECグループ企業全体として、個人用パソコンでの業務関連データ利用禁止を再徹底し、情報管理の更なる徹底を図り、再びこのような事態を引き起こさぬよう全力をあげて取り組む所存であります。

以上


プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.