ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >中国にITシステムのサポートサービスを行う合弁会社を設立
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

中国にITシステムのサポートサービスを行う合弁会社を設立

平成17年4月19日
NECフィールディング株式会社

NECフィールディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:富田克一、以下NECフィールディング)は、中国北京の致遠計算機網絡工程有限責任公司(本社:中国北京市、法定代表人:覃棣、以下致遠社)との合弁会社として、ITシステムおよびネットワークシステムの保守サービスをはじめとしたサポートサービス事業を行う「NEC飛鼎克信息技術服務(北京)有限公司」を3月16日付けで中国北京に設立し、5月1日から営業を開始いたします。

致遠社は、1997年に中国北京に設立された、主として日系企業に対してITシステムの設計・構築・保守といったサポートサービスと機器販売を行う保守サービス会社で、中国の主要都市4ヵ所にサービス拠点を有しております。

新会社は、致遠社の現在の業務をそのまま引き継ぐとともに、NECの中国子会社であるNECソリューションズ(中国)をはじめとしたNECグループと連携して、中国に進出している日系企業にITシステムの保守サービスや運用サポートを提供いたします。更に、現地のグローバルサービス企業とも積極的に協業を行い、サービスメニューの拡大とサービスネットワークの拡充を計り、日系企業に加えて現地ローカル企業へもITシステムのサポートサービスを提供し事業を拡大してまいります。

新会社の資本金は112万米国ドル(約1億2千万円)で、出資比率はNECフィールディングが54%、致遠社が46%であります。当初は、従業員40名で事業を開始し、今年度中には北京に加え、上海、成都、重慶にサービス拠点を設置し合計4拠点体制で事業を行う予定であります。初年度の売上は約2億円を見込んでおります。

NECフィールディングは、2003年10月に中国の北京および上海に駐在員事務所を設置し、中国における事業展開の調査と準備を行ってまいりましたが、このたび新会社設立を通して本格的に中国における保守サービス事業に参入することとしたものであります。

新会社の概要は以下の通りです。

NEC飛鼎克信息技術服務(北京)有限公司 会社概要

会社名称 NEC飛鼎克信息技術服務(北京)有限公司
(英文表記) NEC Fielding Information Technology Services(Beijing)Co., Ltd
代表者 董事長 保木本 誠 (NECフィールディング 執行役員)
総経理 覃 棣 (致遠社)
住所 中国北京市
資本金 112万米国ドル
出資比率 NECフィールディング 54%(60.7万米国ドル)
致遠社 46%(51.3万米国ドル)
設立日 2005年3月16日
営業開始日 2005年5月1日
売上規模 約2億円(初年度見込み)
業務内容 コンピュータ、ネットワークおよびその関連する付帯設備の保守、据付、コンサルティング、訓練、技術開発、サービス、設計、工事、販売、譲渡、関連製品の輸出入

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.