ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >厚木市に、「統合セキュリティネットワーク」を導入
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

厚木市に、パソコン・庁内ネットワーク・業務システム利用における一元的な利用者認証を実現した「統合セキュリティネットワーク」を導入

平成17年3月22日
日本電気株式会社
NECフィールディング株式会社

個人情報保護法の全面施行もふまえ、「総合行政情報システム」の一環として導入

NECおよびNECフィールディングはこのたび、神奈川県厚木市に対して、職員が利用する約1700台のパソコンの利用者認証から、市役所・小中学校・公民館など約100拠点を結んだ庁内ネットワークへの接続認証、文書管理・電子決裁・財務会計・庶務管理などの基幹業務システムの利用者認証までを、「職員証ICカード」による個人認証に一元化した「統合セキュリティネットワーク」を導入いたしました。

このたびの「統合セキュリティネットワーク」は、本年4月の個人情報保護法の全面施行をふまえ、パソコンからの情報の持ち出しやネットワークへの不正アクセスによる情報漏えいなどを防止し、業務システムのみならず、ネットワークまでを含めたシステム全体でより堅牢なセキュリティを実現するものであります。

また、本年2月に厚木市制50周年を記念して行った「電子市役所宣言」の中核となる「総合行政情報システム」の基盤ネットワークに位置づけられるものであります。電子決裁・文書管理・財務会計・旅費管理・出退勤管理・入退出管理・グループウェアなどの各種業務システムとの連携を可能としており、事務処理の迅速化・効率化やペーパレス化と、「職員証ICカード」を活用した厳格な個人認証によるセキュリティ強化の両立を実現いたしました。

「統合セキュリティネットワーク」は、NECのLanスイッチ「UNIVERGE(ユニバージュ) QXシリーズ」約300台と認証サーバ「UNIVERGE RD1000」、デスクトップセキュリティソフト「SmartOnR NEO」などを連携して構築したものであります。

また、電子決裁・文書管理・財務会計・旅費管理・出退勤管理・入退出管理・グループウェアからなる「総合行政情報システム」構築もNECが担当いたします。これらの業務システムを活用する際の利便性向上を図る情報ポータル基盤をNECの「StarOffice(スターオフィス)21」を活用して構築いたします。

さらに、NECおよびNECフィールディングが有するセキュリティシステムや自治体向けシステムなどに関する豊富なノウハウやSIサービス力、長年培ってきたネットワーク技術・IT技術などを活用することで、約3ヶ月での短期間で「統合セキュリティネットワーク」の構築を実現いたしました。

このたび構築した「統合セキュリティネットワーク」の主な特長は以下の通りであります

1.パソコン・庁内ネットワーク・業務システムなどの統合セキュリティを実現

パソコン・庁内ネットワーク・業務システムなどを利用する際の認証の連携を図り、「職員証ICカード」を利用した厳格な個人認証による統合セキュリティを実現している。また、ファイルの暗号化やパソコンから外部記憶媒体へのデータコピー制限なども可能である。
これらにより、パソコンの不正利用の禁止やパソコンからの情報漏えい防止を実現している。また、庁内ネットワークの利用には、国際標準規格の「IEEE 802.1x」(注1)に準拠した、利用者本人の認証に加えて、ネットワーク接続が許可されたパソコンかどうかの識別も可能としたNEC独自の認証技術により、不正アクセスによる情報漏えい対策の強化を図っている。

業務処理の迅速化・システム利用者の利便性とセキュリティ強化の両立を実現

パソコンの設定変更の手間をかけずにネットワークへの接続を可能とする「DHCPサーバ」(注2)と「利用者認証サーバ(RADIUSサーバ)」(注3)の連携を実現している。これにより、システム利用者の利便性とセキュリティ強化の両立を実現している。
また、一度の利用者認証で電子決裁・文書管理・財務会計・庶務管理・グループウェアなどの各種業務システムの利用を可能とする「シングル・サイン・オン」を実現している。これにより、セキュリティを強化しながら、電子決裁の件数比率90%、コピー枚数の現行比80%削減、文書の電子化比率70%などを目標とし、業務処理の迅速化や効率化を実現する。

効率的なシステム運用管理を実現

認証用の職員データを一元化しており、異動などにともなうデータ更新の工数削減を実現している。また、庁内ネットワーク接続に利用するIPアドレスの一元管理、ネットワーク接続ログの集中管理などを可能としており、効率的なシステム運用管理を実現している。

近年、「電子市役所」を実現する「行政情報システム」の導入をはじめ、情報システムの活用やブロードバンド利用の拡大が進展しております。これにともない、業務の生産性が向上する一方で、不正アクセスや情報漏えいによるリスクも高まっております。また、本年4月には個人情報保護法の全面的に施行されること、市民の個人情報に対する関心が高まっていることなどから、自治体や企業を問わず、情報漏えい対策に対するニーズが増大しております。

情報セキュリティの強化は、従来、ブロードバンドや情報システムによる利便性と相反するものでしたが、NECでは、ネットワーク技術と情報システム技術を融合することで、情報漏えい対策の強化とブロードバンドオフィスの生産性・利便性の両立を可能とするソリューション提供を推進しております。

厚木市への「統合セキュリティネットワーク」の導入は、こうした取り組みの一環であります。NECおよびNECフィールディングでは、このたびのシステム導入実績をふまえ、セキュリティのみならず、自治体における業務の効率化とセキュリティ強化の両立を図った「総合行政情報システム」の提供拡大を進めてまいります。

以上

(※注1) IEEE 802.1x認証
ネットワーク利用時のユーザ認証の規格。無線Lanだけでなく、有線Lanにも対応している。ネットワーク接続時に認証されたユーザにのみ通信を許可する。また、定期的に、再度、認証を行わせることもできる。

(※注2) DHCP:Dynamic Host Configuration Protocol
IPアドレスなどを自動的に割り当てる通信規格。

(※注3) RADIUS:Remote Authentication Dial-In User Service ダイアルアップ接続時のユーザ認証方式。

※ SmartOnは株式会社ソリトンシステムズの登録商標。

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.