ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > ニュースリリース >「セキュリティラック構築サービス」を開始
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

遠隔地からネットワーク経由でラックの扉鍵を操作・管理可能にする「セキュリティラック構築サービス」を開始

平成16年11月17日
NECフィールディング株式会社

NECフィールディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:富田克一) はこのたび、サーバや通信機器を収納する19インチラックにネットワーク上の管理パソコンから操作・管理可能な扉鍵を取付けることにより、物理的なセキュリティを強化するサービス「セキュリティラック構築サービス」を開始いたしました。

新サービスは、既に導入済みのラックの前扉と後扉にネットワーク上の管理パソコンで制御・管理可能な扉錠である「IP錠」(中央電子株式会社製)を取付けるとともに、「IP錠」の制御・管理に必要な各種設定を行うサービスです。

新サービスにより、ラックの前扉および後扉はネットワーク上の管理パソコンから遠隔操作して「IP錠」を制御することにより開閉を可能とするとともに、扉の開閉またはこじ開けの状況をリアルタイムで管理パソコンに表示し、その操作履歴を管理パソコンに保存します。これにより、顧客情報や財務情報といった企業の重要情報を管理するラック内のサーバを物理的に保護しセキュリティを高めるものであります。

新サービスの主な特長は以下の通りです。

1.導入済みラックのセキュリティを強化

導入済みのラックに「IP錠」を取付け可能なため、資産を有効に活用しつつ物理的なセキュリティの強化が可能。「IP錠」は、予め決められた管理パソコンからのみ開錠可能で、且つ開錠するためには管理者のパスワードを必要とする強固なセキュリティを実現。更に、オプションの非接触ICカードリーダを利用することにより、管理者の遠隔操作による許可を得た上でICカードを利用して開錠する、より強固なセキュリティを実現するシステムも提供可能。

2.ラックの運用管理を容易化

ネットワーク上の管理パソコンからラックの扉鍵の施錠および開錠が可能になり、人手による扉鍵の管理が不要。更に、ラックの「IP錠」の状態を管理パソコンからリアルタイムで監視可能なため、扉のこじ開けといった異常状態を迅速に把握可能。また、ラックの扉の開閉や故障、異常発生といった情報は管理パソコンに表示ならびに履歴として保存すると同時に離れた場所に居る管理者へ通報することによりラックの運用管理を効率化。

本サービスの標準価格は、ラック1台に「IP錠」を2個(前扉、後扉)設置し管理パソコンの設定を行う場合、24万円(消費税含む)からになります。

近年、企業のサーバでは顧客情報を初めとした重要情報を取扱うことからサーバからの情報漏洩を防止するセキュリティ強化のニーズが高まってきております。このたびの「セキュリティラック構築サービス」は、既存のラックに「IP錠」を取付けることにより、こうしたニーズに応えるものであります。

NECフィールディングでは、企業のセキュリティ強化ニーズに応えるサポートサービスの提供に努めてまいりましたが、来年5月には個人情報保護法が施行されることもあり、更なるサービスサポートメニューの強化を目指してまいります。

新サービスは、本年12月1日から3日まで東京ビッグサイトにて開催される「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2004」のNECフィールディングのブースにて紹介いたします。

以上

別紙

システム構成例

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.