Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. Home
  2. 導入事例
  3. 社会医療法人近森会 近森病院様

社会医療法人近森会 近森病院様

ITで会社はもっと強くなる。 社会医療法人近森会 近森病院様

長年の絆が培ったノウハウときめ細やかな対応力で、
現場のニーズを捉えたIT環境を実現。

社会医療法人近森会 近森病院

高知の医療の中枢を担う、社会医療法人近森会 近森病院様。1946年に個人病院として開院して以来、時代に合わせて診療科を増やし、現在は近森病院の他に、近森リハビリテーション病院や近森オルソリハビリテーション病院を展開。チーム医療、地域医療に積極的に取り組む先駆的な医療体制が、日本の医療を牽引する存在として注目を集める。2010年には今後の医療展開を見据えて、5ヵ年計画の病棟建て替え工事を開始。それに伴いネットワークの更新を実施した。NECフィールディングは長年のお付き合いで築いた信頼関係と、豊富に蓄積したノウハウを活かし、ネットワークの冗長化や監視・検知システムの強化をご提案。高い堅牢性が求められる、病院ならではのIT環境づくりに貢献した。

DATA  社会医療法人近森会 近森病院
http://www.chikamori.com/

社会医療法人近森会 近森病院

所在地:
高知県高知市大川筋1丁目1番16号

標榜科:
内科、 循環器科、 神経内科、 消化器内科、 呼吸器内科、 糖尿病・内分泌・代謝内科、 リウマチ科、 外科、 形成外科、 消化器外科、 呼吸器外科、 小児外科、 整形外科、 脳神経外科、 心臓血管外科、 泌尿器科、 放射線科、 麻酔科、 腎臓内科、 人工透析内科、 病理診断科、 救急科(救命救急センター)、 皮膚科、 リハビリテーション科、 心療内科、 精神科
病床数:
512床

“24時間365日止まらないシステムが最低条件。”(北村様)
“ほぼ毎日、病院に足を運びトラブルを事前に回避。”(野口)

まず、近森病院様についてご紹介ください。

社会医療法人近森会 近森病院 副院長・外科部長 北村 龍彦 様 社会医療法人近森会 近森病院
外科部長
北村 龍彦 様

北村(近森病院) 近森病院は開院当初、小さな個人病院でしたが、時代のニーズに合わせて診療科や病床が増えていきました。その中で3大プロジェクトとして、基準看護体制への移行、近森リハビリテーション病院の設立、そしてコンピュータシステム導入を掲げました。これは将来の医療基盤としてコンピュータシステムが必須になると考えられたからです。その後、病院の体制を整え、救命救急センターや地域医療支援病院、災害拠点病院、臨床研修指定病院などに指定されました。現在は社会医療法人近森会として、近森病院、近森リハビリテーション病院、近森オルソリハビリテーション病院を軸に地域連携を進めています。

大規模病院ですが、システム管理室の役割と陣容を教えてください。

社会医療法人近森会 診療支援部 システム管理室 室長 長山 信夫 様 社会医療法人近森会
診療支援部 システム管理室 室長
長山 信夫 様

長山(近森会) システム管理室のスタッフは医療情報技師2名、診療情報管理士3名を含む、10名です。障害対応やネットワークの工事関連など、システムに関する業務全般を扱いますが、できることは限られますので、NECフィールディングにサポートしてもらっています。

NECフィールディング株式会社 高知営業所 主任 野口 幸裕 NECフィールディング株式会社
高知営業所 主任
野口 幸裕

野口(NECフィールディング) ほぼ毎日、病院に足を運び、さまざまな機器をチェックし、異常があればすぐ対応できるようにしています。その他に定期メンテナンス前の情報収集や、2年に1回PCの内部清掃も行い、プロアクティブにトラブルの回避を図っています。

医療施設のシステムには「止まってはいけない」という大命題があります。

長山 電子カルテシステムを導入してからは、ほとんどコンピュータ入力となりましたので、24時間365日稼働が要求されています。メンテナンスも、かなり気を使っています。

北村 医療は24時間365日提供しなければなりませんし、患者さんの治療に休みはありません。そのため「24時間365日止まらないシステム」は最低限の条件であり、コンピュータシステム導入当初から強く要望してきました。

将来を見据えて、電子カルテシステムを導入。
“パートナー選定の理由は、昭和63年から続く信頼関係でした。”(北村様)

電子カルテを導入しています。契機は何でしょう。

社会医療法人近森会 近森病院 副院長・外科部長 北村 龍彦 様

北村 まず2000年問題を契機に医師がオーダリングできるCPOEというシステムを導入し、その後さまざまな職種のスタッフが記事をコンピュータ入力できる電子カルテシステムを導入しました。国の方針として医療のIT化が打ち出されていたこともありますが、医療IDのような情報管理や地域連携の必要性も予測していたので導入しました。

パートナーにNECフィールディングを選んだ決め手は何だったのでしょう。

北村 昭和63年に医療情報室を立ち上げた時からの付き合いになりますが、長い時間の中で、私たちのさまざまな要望を吸収してくれていることが決め手ですね。

そのシステム導入に関して、NECフィールディングの対応にはご満足いただけましたか?

北村 良い医療を提供するためにはインフラ整備が重要ですが、メンテナンスや障害への対応に満足しています。話をよく聞いてくれて、こちらの要望に応えてくれています。

“ネットワークの冗長化を図るためにはどうしたらいいか、長年の付き合いを活かして、いろいろと提案してもらいました。”(北村様)
“PCの購入に関する小さな相談からLAN工事まで、さまざまなことを相談させてもらっています。”(長山様)

2010年から始まった病棟建て替えの5ヵ年計画についてお聞かせください。また、計画に伴って構築された、新しいネットワークについてお聞かせください。

社会医療法人近森会 近森病院 副院長・外科部長 北村 龍彦 様

北村 これからの医療展開を考えたときに、高度急性期医療への対応が必須であり、旧本館の建て替えに伴い救命救急センターとしての機能強化(ヘリポートを含む)、高規格病棟や手術室の増設、病棟再編と画像検査や検査部門の選択と集中などが必要だということで計画されました。

社会医療法人近森会 診療支援部 システム管理室 室長 長山 信夫 様

長山 これまでのネットワークはスター型で配線が一ヵ所切れると、その先のネットワークが停止する危険性がありました。このため隣接する近森会の各施設をリング型で結び、配線が一ヵ所切れても逆ルートで通信できる“停止しないネットワーク”にしました。また、画像や動画配信が増えることが予想されるので通信速度のアップ、機器の故障箇所がすぐ特定できる監視・検知システムを依頼しました。

リクエストに対するNECフィールディングの対応についてはいかがですか?

北村 長年の付き合いの良さがあります。今回、近森リハビリテーション病院が川向いに移るのですがネットワークの冗長化を図るためにどう回線を敷くか、いろいろ工夫してくれました。

長山 このような大きなプロジェクトには、東京(官庁公共医療事業部)からもしっかりした提案があり満足しています。

NECフィールディング株式会社 官庁公共医療事業部 公共医療営業部 福田 聡 NECフィールディング株式会社
官庁公共医療事業部 公共医療営業部
福田 聡

福田(NECフィールディング) 官庁公共医療事業部は、事例を豊富に持っているので、それを活かした提案を心掛けました。私も何度か現場にお伺いしましたが、このような提案ができたのも、弊社高知営業所が近森病院様と密にお付き合いさせていただいている結果だと思います。

こうした大きなプロジェクト以外に、高知営業所から、日常的にどんなサポートを受けていますか?

北村 機器の導入・交換の提案、管理などについて、月に一度の定例会で報告してもらっています。万が一、障害が起きたときには、すぐ対応できるようにしてもらっています。

長山 PCやモニターの購入などの小さな相談もしますし、機器の追加や部署内のレイアウト変更に伴うLAN工事まで、さまざまなことを相談させてもらっています。

対応については、ご満足いただけていますか?

NECフィールディング株式会社高知営業所長吉田 日出徳(左) NECフィールディング株式会社
高知営業所長
吉田 日出徳(左)

長山 これまでの院内システムに関する資料もしっかりと整理していただいています。新規の要望に関しても、直ぐに理解していただけますので、安心感があります。

システム導入後、病院に変化はありましたか?

(電子カルテのイメージ写真) (電子カルテのイメージ写真)

長山 チーム医療を推進するための職種を超えたスタッフ間の情報共有が1番のメリットだと思います。以前はカルテを貸し出していると、必要なときに見られないということがよくありました。今では電子カルテ端末さえあれば、どこでもカルテが見られるので、仕事を自分のペースで進められてスタッフの負担軽減になっています。

患者さん側に何か変化はありましたか?

長山 これまでの紙カルテは医師に届くまで十分な診察ができなかったので、時間短縮につながっています。救急で運ばれてくるときにも、カルテを事前に確認できます。

北村 以前は検査を指示する場合、医師が手書きで指示表に記載し、看護師が伝票を作成しラベルも作成して、結果は紙に手書きされたり、プリントしたりしていました。今は医師がオーダリングすれば伝票作成もいりません。誤記もありませんし、検査結果は自動的にオンラインで即座に伝えられます。患者さんやかかりつけの医師との間で、情報をすぐに受け渡すこともでき、将来的には地域医療の推進にもつながります。

最後の質問です。担当の野口はどのような存在ですか?

北村 温厚で優しく、よく話を聞いてくれています。対応も着実かつ誠実ですね。定期的なメンテナンスも、きっちりマネージメントしてくれています。

長山 次々と要望を出す病院はあまりないと思うので本人は大変だと思いますが、普段からいろいろと相談に乗ってもらえて、助かっています。

野口 よりフットワークを軽くして、良い提案ができるようにがんばります。

NECフィールディング株式会社 高知営業所 主任 野口 幸裕

担当者

NECフィールディング株式会社
高知営業所 主任
野口 幸裕

NECフィールディング株式会社 官庁公共医療事業部 公共医療営業部 福田 聡

担当者

NECフィールディング株式会社
官庁公共医療事業部 公共医療営業部
福田 聡



お問い合わせ>

 

ページの先頭へ戻る