NECフィールディングホームページへ
FIELDING ENVIRONMENTAL REPORT 2002NECフィールディング 環境報告書2002
ホームメッセージ会社情報環境経営環境マネジメント環境パフォーマンス環境コミュニケーションアンケート
環境パフォーマンス
2001年度環境目標達成状況
環境パフォーマンスデータ
ISO環境管理活動
ロジスティック本部の活動(“あるパーツ川崎”)
梱包箱の3R
電力消費量の削減と有効活用
協力会社を含めた全員参加の環境活動
リペア本部の活動(大和テクニカルセンター)
資源の有効活用と廃棄物削減
関連法規の遵守
「環境に優しく全員で」をモットーに
NEC広域3Rでの取り組み
サービス拠点での取り組み
本社での取り組み
ゼロミッションを目指して
主な環境活動状況

リペア本部の活動(大和テクニカルセンター)

あるパーツ川崎(写真)全国サービス拠点から回収された修理品に対しての「リペア事業」および「メディアサービス事業」に関し、品質管理、納期管理をモットーに、環境を配慮したさらなるリサイクル活動を目指しておりますが、この度、設立間もない「大和テクニカルセンター」の環境活動についてご紹介します。







2000年8月、首都圏各所へ分散していた保守部品修理に関連する拠点を大和テクニカルセンターへ集約し、「大和地区」として環境管理活動を開始しました。 
全国のサービス拠点から集められた保守部品およびパソコン本体等の修理を担当しており、リペア本部、西関東支社、サービス技術本部、協力会社の方々も含め約550名が働いています。
ロジスティクス本部とともに環境に対する負荷の大きい本部であり、今回は工業地域へ指定されている「大和地区」の環境管理活動の一部をご紹介します。


Copyright (c)NEC Fielding,Ltd.