NECフィールディングホームページへ
FIELDING ENVIRONMENTAL REPORT 2002NECフィールディング 環境報告書2002
ホームメッセージ会社情報環境経営環境マネジメント環境パフォーマンス環境コミュニケーションアンケート
環境経営
環境経営への取り組み
環境会計
事業活動におけるCO2 排出量
事業活動におけるCO2排出量


フィールディングの事業活動全体から排出されるCO2を、NEC環境技術研究所の協力を得て、「経理データを用いた環境負荷評価」手法により算出しました。サービス活動はもとより、購入先からの保守部品・材料などの「資材調達段階」および「リサイクル活動」まで、社外における間接的な環境負荷も併せて評価し、事業活動を展開しています。





評価対象範囲
資材調達
保守部品、工事材料、メディア材料、固定資産(当期新規取得の建物、構築物、工具、器具、備品、機械装置)
サービス活動
燃料費、電気、ガス、水道、下水道
リサイクル
回収資源、再資源化物





年度 資材調達
(万トン)
サービス
活動
(万トン)
リサイクル
(万トン)
合計
(
万トン)
売上高
(百万円)
CO2排出
原単位
(トン/百万円)
2000 31.3 3.7 -0.1 35.0 211,647 1.65
2001 31.6 3.7 -0.1 35.2 227,266 1.55


2001年度のCO2総排出量は約35.2万トンであり、2000年度からわずかに増加しました。フィールディング・ソリューション事業の売上高の増加にともない、資材調達段階のCO2排出量が増加したことによるものですが、事業の効率化や省電力化によりサービス活動のCO2排出量を前年と同様に抑え、結果としてCO2排出原単位を7%低減することができました。

※NEC環境技術研究所が開発した「経理データを用いた事業活動の環境負荷評価手法」により算出・評価。
紹介WEB


Copyright (c)NEC Fielding,Ltd.