Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

事例紹介セミナーレビュー

成功企業に訊く、システム移行の秘訣
迅速・確実な乗換えには何が必要か

事例紹介(16:05~16:50)

Windows XPからの移行を短期間で確実に完了させる秘訣を訊く

株式会社J-オイルミルズ 情報システム部 次長 宮前 重幸 氏
株式会社J-オイルミルズ
情報システム部
次長
宮前 重幸 氏
NECフィールディング 事業企画本部 統括マネージャー 泓 宏優
NECフィールディング
事業企画本部
統括マネージャー
泓 宏優

セミナーの最後には、製油大手J-オイルミルズの宮前 重幸氏とNECフィールディングの泓 宏優によるトークセッションを実施。全国約30拠点、約1300台のPCを一斉にWindows 7環境にリプレースしたJ-オイルミルズ様の例をもとに、Windows XPからの移行を短期間で確実に完了するためのポイントについて話し合いました。

――XPのサポート終了が迫る現在、企業にはどんな取り組みが求められるのでしょうか。

泓 Windows XPから新しいOSへの入れ替え、既存環境のデータの引き継ぎといった作業を早急に進める必要があります。
 実は先日、私自身も自席PCのWindows 7への入れ替え作業を行いました。マニュアルに従いセットアップ媒体を使って行えば済むため、OSの入れ替えそのものは1時間程度で終了。しかし、その後Officeの認証やブラウザの設定を整えたりする作業が発生し、使える状態になるまでには、さらに数時間を要しました。
 実際、自分でやってみて分かったのは、現場にとって移行作業は大きな負担になるということ。システム部門がこれらの作業を代行してくれればよいのですが、現実的に、全社員分を行うのは難しい企業も多いでしょう。移行の大変さを改めて感じました。

宮前氏 確かに、PCを使える状態にするまでには、相当な手間と時間がかかります。当社が移行を実施した際は、現場から「会議中に移行作業を済ませてほしい」といった要望が情報システム部に寄せられました。

――要望には対応できましたか。

宮前氏 人員の制約などもあり、すべては無理でした。そのため、移行の必要性を現場にしっかり説明した上で、情報システム部が組んだスケジュールに沿って移行作業を行いました。

1500本のアプリの棚卸しを実施

――J-オイルミルズ様の移行の流れを教えてください。

宮前氏 まず、2012年3月から約半年で導入計画の策定と準備。その後約3カ月かけて評価・検証などを行い、基準となるカスタマイズ環境の展開元であるマスターPCを作成しました。その後、キッティングセンターでマスターPCのイメージを反映した新OSのPCを1週間に数拠点ずつ導入・展開。個別設定ののち、2013年3月上旬までの約2カ月半をかけて全国約30拠点・1300台のPCのWindows 7への移行を完了しました。

――移行作業で苦労した点はどこですか。

宮前氏 一番大変だったのは、マスターPCを作成する際のソフトウエア選定作業です。
 社内で使っていたソフトウエアはバージョン違いを含め約1500種。そのすべての棚卸しを行い、マスターPCに入れる「標準ソフト」と、希望ユーザーのみ自己責任で移行対応してもらう「認定ソフト」とに分類したのです。数が多かったため、この作業には苦労しました。
 その後、標準ソフトおよび認定ソフトはWindows 7環境で検証も実施。一部、正しい動作や表示をしないアプリケーションについては修正も行いました。

泓 ソフトを絞り込んだことで、検証・修正作業とマスターPC作成作業の負荷は軽減できたのではないですか。

宮前氏 おっしゃる通りです。同時に、業務環境の標準化によりガバナンスも強化。運用改善を図ることもできました。

マスターを一元管理し効率的に展開

――新OSの展開時に、留意した点はありますか。

宮前氏 マスターPCイメージは一度作ったあとも、導入・展開を進める中で、現場の状況を反映して更新する必要が出てきます。そのため、最新版のマスターPCイメージをいかに効率よく展開するかという点に気を配りました。その際は、NECフィールディングのサポートも大きな力になりました。

泓 マスターPCイメージの最新版は、当社のキッティングセンターで一元的に管理。J-オイルミルズ様の各拠点とネットワークで接続し、現場の情報を集約して更新する体制を取りました(前ページ図)。更新後は、再びキッティングセンターから各拠点へ展開用PCを配送するというものです。

宮前氏 この方法により、更新版が複数種類でき、作業が煩雑になるリスクを回避できました。またNECフィールディングには現場で作業を支援するスタッフも各拠点に派遣してもらいました。豊富な経験を持つスタッフのサポートは、心強かったですね。

――移行を成功させる秘訣は何でしょうか。

宮前氏 計画と事前準備は時間をかけて行い、実際の導入・展開は素早く行うことです。もちろん、信頼できるパートナーの存在も欠かせません。実際、現場でのサポートは、限られた期間内に移行を終えるために、必須のものでした。今後、サポート終了が迫る中では、パートナー選びの重要性はさらに増してくると思います。

図 J-オイルミルズ様のマスターPC導入・展開スキーム

セミナーの様子

NECフィールディングのキッティングセンターと各拠点が連携し、現場の状況をマスターPCイメージに反映。最新のイメージを一元管理することで、効率的な導入・展開を実現した

参考リンク:Windows XP 今すぐ乗換えメニュー

参考リンク:株式会社J-オイルミルズ様 導入事例

本セミナーの実施イベント概要

開催詳細 セキュリティ対策で終わらせない! Windows XPからの乗換え
~モバイルの積極活用でワークスタイルが変わる!ビジネスが変わる!~
開催日
開催場所
2013年9月6日(金)15:20~16:05
大手町サンケイプラザ3F(301-303号室)

ページの先頭へ戻る