ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NECフィールディング

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > お客さまへ >フィールディングソリューションフェア2006 TOKYO
お客さま別メニュー
ページ共通メニューここまで。

フィールディングソリューションフェア2006 TOKYO

ご挨拶

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて弊社では、今年も「フィールディングソリューションフェア2006 TOKYO」を開催する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。今回の「フィールディングソリューションフェア2006 TOKYO」では「安心・安全」をテーマに最近企業において重要な課題になっております内部統制の問題を軸にご紹介いたします。
内部統制を確立するために有効であるITILの利用方法やITを活用していかに内部統制を実現するか、実効性のあるセキュリティマネジメントの構築や、個人認証を強化するセキュリティ統合について、最新の動向や事例を交えてご説明いたします。また、サービス品質とCSの更なる向上を目指して、本年2月にITサービスマネジメントの国際規格「ISO20000」を取得いたしました。最終セッションにて本活動についてご紹介いたします。併設の展示会場では、製品やサービスのデモンストレーションを実施しております。
ご多忙中とは存じますが是非ともご来場賜りたく謹んでご案内申し上げます。

敬具
平成18年6月吉日
NECフィールディング株式会社

概要

会期
平成18年7月5日(水)12:30~18:30
会場
大手町サンケイプラザ 3階フロア
入場
無料(定員になり次第締切らせていただきます。)
主催
NECフィールディング株式会社
協賛
日本電気株式会社
-交通のご案内-
・地下鉄丸の内線、半蔵門線、千代田線、東西線、都営三田線
大手町下車 A4・E1出口直結
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩7分
セミナーの受付は終了いたしました。
多数のお申込みをいただき誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る


プログラム併設展示のご案内

時間 内容
12:30 受付開始(お名刺を2枚ご用意下さい)  
13:45 ご挨拶
14:00~15:00(60分) 牧野総合法律事務所 弁護士 牧野 二郎氏1.基調講演 いまからはじめる、誰でもわかる内部統制
~会社法と金融商品取引法に対応した内部統制の具体的進め方~


5月1日から会社法が施行されました。内部統制を進める上で、何からはじめるか、どのように進めるか、どこまでやるか、疑問が膨らんできているでしょう。内部統制が業務改善であることを前提に、現場の作業の改善をどのように進めるか、現実的に考えて見ます。そうした対策で何が変わるか、何が実現できるかを検討します。

牧野総合法律事務所 弁護士 牧野 二郎 氏
[講演者プロフィール]
96年にホームページ「Internet Lawyer法律相談室」開設。インターネット弁護士協議会(Internet Lawyers Conference)を結成、(02年まで同代表)日本弁護士連合会情報特別委員会幹事、財団法人インターネット協会評議委員、国立情報学研究所特認教授、産業構造審議会臨時委員、中央大学法科大学院講師などを兼任。

15:00~15:25 25分間のご休憩(展示会場をご覧ください)
15:25~16:10(45分)

トラックA(301・302号室)

A2. 内部統制にITILを活かす

ITシステム運用のベストプラクティスであり、ワールドワイドで事実上の規範として認知されているITIL。内部統制においてITシステム運用をどう統制していくかという課題に対して、ITILの利用は極めて有効であると考えられる。何に対して有効で、どのようにITILを活用するのかを、ISO20000やISO27001、COBITとの関係を整理しつつ、探ります。

日本電気株式会社 マーケティング本部
シニアエキスパート 大畑 毅


トラックB(303・304号室)

B2. 実効性のあるISMSの構築のために

これまでのセキュリティ対策では、Firewallやウイルス対策の導入など、脅威に対して技術的対策を実行するとともに、情報セキュリティポリシーの策定やセキュリティ教育の実施等マネジメント面でも対応を進めてきました。しかしながら、情報漏えいをはじめとする事件・事故は後を絶ちません。本セッションでは、これまでのセキュリティ対策の問題点を整理し、実効性のある情報セキュリティマネジメントシステムを今後どのように構築していくのかを探ります。

ソリューション事業推進本部 システム展開推
進部マネージャー 内藤 剛
16:10~16:25 15分間のご休憩(展示会場をご覧ください)
16:25~17:10(45分)

トラックA(301・302号室)

A3. ITILベースのシステム運用サービスの当社の取り組みと課題

近年企業のシステム運用管理・維持に掛かるコストが増大しており、これを解決するものとしてシステム運用のITIL手法が注目されています。当社はいち早くこの手法を取り入れた運用管理サービスをご提供しております。当社のサービスメニューと事例をご紹介いたします。

ITマネジメント事業推進本部
本部長 渡邊 新二


トラックB(303・304号室)

B3. 個人認証によるセキュリティ統合
セキュリティマネジメントを実現にするには「個人認証とログ管理」により、「何時、何処で、誰が、何をしたのか」を把握することが重要です。また、個人認証を強化することで不正なアクセスの防止も可能となります。そこで、「フィジカルセキュリティ」「ネットワークセキュリティ」「ITセキュリティ」をどのように統合するのか、具体例を含めてご紹介いたします。

ソリューション事業推進本部 システム展開推進部マネージャー 金子 守正
17:10~17:20 10分間のご休憩(展示会場をご覧ください)
17:20~18:00(40分)

トラックA(301・302号室)

A4. 保守サービスでISO20000認証取得

当社は、本年2月27日、ITサービスマネジメントの国際規格「ISO20000」の認証を、保守サービス領域を対象として取得しました。認証取得の対象人数は約3000名となり、世界でも最大級規模での認証取得となります。プロジェクト立ち上げから認証まで約7ヶ月という短期間にどのように取り組んだか、そのノウハウや苦労話をご紹介いたします。

CS経営推進部
主任   林  寛


トラックB(303・304号室)

B4. CISCOのSDNがWinnyから情報を守る
新しい脅威に免疫のように抗体を作る統合的なソリューションとして、シスコが提唱するSDN(セルフ ディフェンス ネットワーク)で、Winnyを含むP2Pによる情報漏えいの対策をどのように実施するかについてご紹介いたします。

マーケティング、チャネルズ、オペレーションズ&プランニング プロダクト&テクノロジーマーケティング セキュリティ&ワイヤレスソリューション本部  担当課長
杉江 智之氏

※都合により講演内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る


お問合せ

NECフィールディング株式会社
〒108-0073
東京都港区三田1-4-28(三田国際ビル)
電話:03-3457-7151
E-mail:semi06@star.fielding.nec.co.jp
担当/堀江・鈴木

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Fielding, Ltd. All rights reserved.