Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

フィールディングの森

フィールディングの森とは

私たちは、地球温暖化防止と生物多様性保全のため、この大切な熱帯雨林を再生保護することを目的として、2006年度からインドネシア・東カリマンタン州で「フィールディングの森」を作り、企業植林を行っています。

また、植林ツアーを開催し、従業員による植林ボランティア活動も行っています。

植林した苗木

植林した苗木

「フィールディングの森」の看板

「フィールディングの森」の看板

どうしてインドネシアなのか

熱帯雨林は陸地のわずか7%前後を占めるにすぎません。

しかし、そこには、未知の種を含めれば地球上の生物種の半数以上が存在すると考えられています。この熱帯雨林が急激に減少する危機に瀕していることなどから、野生生物種の減少が極めて深刻な問題となっています。

また、熱帯雨林における二酸化炭素吸収量(CO2)は、100トン/haと森林最大の能力があるといわれております。(寒帯林21トン/ha、温帯林60トン/ha)なぜなら、赤道に近い熱帯雨林は一年中気温が高く、降水量も多いことから木の生長にとって恵まれた環境であるからです。その結果、熱帯雨林は地上の酸素の半分を供給し、二酸化炭素の固定に重要な役割を果たす、人類にとってとても大切な場所となっているのです。

なかでも東南アジアの熱帯雨林は「地球の肺」と呼ばれており、私たち「人類」と「地球の生命」にかかわる「大切な森」です。この大切な熱帯雨林が広く広がるインドネシアは、地球上で最も貴重かつ危機にさらされた森林を有する国のトップとなっております。(注)

そこでは、幾つかの原因が重なり多くの熱帯雨林が消失しております。これまで大量の南洋材を輸入し恩恵を受けてきた日本で活動する我々にとって、植林活動を通してこうした大切な森を守り育てていくことが、地球市民として生きる大切な活動だと考えております。

(注)GFTNグローバルフォレスト&トレードネットワーク/WWFジャパン

NEC Fielding

植林場所:インドネシア 東カリマンタン州 バリックパパン市 郊外

火災により焼けて枯れてしまった木

火災により焼けて枯れてしまった木

火災により消失した森の跡地を覆うアランアラン

火災により消失した森の跡地を覆うアランアラン(注)

(注)アランアランはイネ科の植物で、植物の生育を阻み森の形成を阻害します。

フィールディングの森づくり

企業植林活動

実施時期 2006年度~2012年度
植林面積 7ha (累計)
植林本数 3,500本 (累計)
場所 BOS財団
  サンボジャ・レスタリ事業区(2011年度~2012年度)
ムラワルマン大学
  ブキット・スハルト演習林(2006年度~2010年度)
樹種 メランティ、果実樹

インドネシア東カリマンタン州において「フィールディングの森」を作り、植林を行っています。

東カリマンタン州は、60m級の巨木が生い茂る地域でしたが、1997年~98年の森林大火災では、少なくとも約50万haが焼失し、約500万haもの土地が影響を受けたと推定されています。

当社は、地球温暖化防止と生物多様性保全のための活動として、森林火災により失われた熱帯雨林の再生を目的に、当地で植林を実施しています。

インドネシア国立大学が保有する演習林(熱帯雨林研究施設)で植林を行いました。

なお、現地の状況を肌で感じることで地球環境の大切さを学び、行動に繋げる人材を育成する環境教育活動の一つとして、当社で働く全ての人とその家族を対象にした「フィールディングの森・植林ツアー」を開催しています。

従業員によるボランティア活動

2006年度より、現地の状況を肌で感じることで地球環境の大切さを学び、行動に繋げ、さらには、周りの人に伝え広げる人材を育成する環境教育活動の一つとして、当社で働く全ての人とその家族を対象にした「フィールディングの森・植林ツアー」を開催しています。

開催 2007年2月~2013年8月まで9回実施
植林本数 1,490本(累計)
参加人数 115名(累計)
参加者 従業員及びその家族
概要 フィールディングの森で植林
・赤道直下の熱帯雨林を巡るエコツアー体験

ページの先頭へ戻る