Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. CSR活動
  4. 文化・スポーツ支援活動
  5. 世界遺産劇場第十一幕 建長寺特別体験ツアー

世界遺産劇場第十一幕 建長寺特別体験ツアー

ご案内

名称

世界遺産劇場第十一幕 建長寺特別体験ツアー
※イベントは終了いたしました。

テーマ

建長寺は巨福山(こふくざん)建長興国禅寺といい、鎌倉五山の第一位、臨済宗建長寺派の大本山です。
建長5年(1253年)に鎌倉幕府五代執権北条時頼が蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を開山として創建したわが国最初の禅の専門道場で、往時は千人の僧が修行していました。
現存する建物は江戸時代以降に再建または移築されたもので、総門、三門、仏殿と一直線に並ぶ伽藍の周囲を塔頭寺院(たっちゅうじいん)が取り囲み、梵鐘(国宝)、三門・仏殿・法堂・唐門(各重文)などの寺宝が豊富で、大覚禅師像(国宝)・三十三観音像(重文)などの絵画、書の優品も多数あり、境内は史跡に指定されています。

このたび、NECフィールディングでは建長寺を十分に満喫いただくために特別体験ツアーを2コース実施いたします。みなさまぜひご参加ください。

主催

NECフィールディング

協力

建長寺/NPO 法人 鎌倉ガイド協会

ページの先頭へ戻る

コースのご案内

1.坐禅体験コース (約1時間30分)

心身ともに清々しくなりたい方のために、わが国初の禅寺である建長寺の僧侶が座り方、呼吸法など、初心者の方にも安心して体験していただける坐禅を丁寧にお教えいたします。

2.特別拝観コース (約1時間)

建長寺に伝わる言い伝えや境内の由来など含めてもっと知りたいという方のために、NPO鎌倉ガイド協会のガイドが、建長寺境内をわかりやすくご案内いたします。

拝観ルート 法堂(重要文化財) → 唐門(重要文化財) → 庭園(名勝史跡) → 仏殿(重要文化財)→ 柏槇(名勝史跡・新日本名木百選) → 梵鐘(国宝) → 三門(重要文化財)

【Premium Point】
特別拝観コースに参加された場合は、三門楼上に安置されている五百羅漢像(通常非公開)を特別にご覧いただけます!

※当日、コースに一部変更が発生する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

特別体験ツアーの詳細

日時 平成21年9月18日(金)、19日(土)、20日(日)
※イベントは終了いたしました。
コースの種類
  1. 坐禅体験コース
      11:00~12:30(受付10:45~)
  2. 特別拝観コース 午前の部
      11:00~12:00(受付10:45~)
  3. 特別拝観コース 午後の部
      13:00~14:00(受付12:45~)
定員 60名/1日(各コース20名定員) 事前登録制
(注)希望者多数の場合は抽選を行い、当選者の発表は"参加番号"の発送を持って代えさせていただきます。
参加費 いずれのコースも無料ですが、別途、建長寺拝観料(300円)が必要です。(現地集合・現地解散)
(注)世界遺産劇場「鎌倉・建長寺プレミアム奉納公演」の当日チケットをお持ちの方は当該チケットで建長寺に入館できます。
(注)本ツアーに交通費は含まれません。現地集合、現地解散です。
集合場所 建長寺境内(法堂付近)NECフィールディング特設ブース
(注)建長寺拝観料(300円)をお支払いの上、境内にお集まりください。
集合場所:建長寺境内(法堂付近)NECフィールディング特設ブース地図マップ

ページの先頭へ戻る

参加申込 (応募締切:平成21年9月13日(日)24時)

※参加のお申込みは締め切らせていただきました。当選者には、お申込みの際に登録していただきましたメールアドレス宛に"参加番号"をご連絡します。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取り扱いについて

お客さまにご記入いただきました個人情報につきましては、当社で責任をもって管理し、お客さまへのご回答にのみ使用させていただきます。第三者(NECグループ会社担当部署を除く)への開示や他の目的での使用はいたしません。当社の個人情報保護ポリシーにつきましてはこちらをご覧ください。


NECフィールディングは、世界遺産の「保全」と「活用」の重要さを伝える世界遺産活動を支援してまいります。2006年度から世界遺産劇場に協賛しています。

ページの先頭へ戻る