ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. CSR活動
  4. ステークホルダー別の取組み
  5. 従業員
  6. 安全衛生、健康
ここから本文です。

安全衛生、健康

方針

NECフィールディングでは、「働く人の安全と健康を確保し、快適で働きやすい職場の維持・向上に取り組みます」という基本理念を掲げています。この基本理念のもとに、安全衛生を統括する人事部と健康管理センターや地域産業医、安全衛生管理組織が中心となって、予防管理に重点を置いたさまざまな活動に取り組んでいます。

当社では、従業員の安全と健康を確保し、快適で働きやすい職場の維持・向上のために、次のような行動指針を設けています。

【行動指針】

  1. 労働安全衛生活動を継続的かつ効率的に実施し、安全衛生活動の改善に取り組みます。
  2. 労働災害ゼロを目指し、職場の潜在的な危険性又は有害性を見つけ出し、これを除去、低減するため取組を推進します。
  3. 労働安全衛生に関する法規制およびその他取り決め事項を順守します。
  4. 労働安全衛生義務を理解し、実践できるように周知徹底を図ります。
  5. 労働安全衛生活動に関する情報は積極的に開示します。
  6. 働く人の心身の健康づくりおよび快適な職場環境づくりに努めます。
  7. 本方針と労働安全衛生活動の取り組みを定期的に見直し、適切性と有効性を確実にします。

体制

体制図

当社における安全衛生活動は、全社横断的な課題への取り組みと、各支社・各地区の特性を考慮した個別の取り組みを実施しています。
全社横断的な取り組みとしては、2012年度にNECグループとして労働安全衛生領域の行動指針として、「NECグループ経営ポリシー」に「安全衛生」項目を追加しました。加えて、NECグループの労働安全衛生活動の基本ルールを定めた「NECグループ労働安全衛生管理規程」を制定し、NECグループとして安全衛生活動の品質向上に努めています。

活動の成果(2016年度)

健康管理の取組みによる疾病の予防対策

健康診断の実施後、健診結果に基づき、要フォロー者の事後措置管理の強化を行っています。また、ライフステージに合わせた面談や研修の実施等、健康増進施策を展開しています。

  • ハイリスク者への事後措置および経過管理の強化
  • 身体疾患を起因とする就業制限者に対し、日常の適切な労務管理の徹底
  • 年代別の心身の健康増進活動
    20歳代:入社時の新入社員へ健康教育の実施「フレッシャーズ面談」
    30歳代:30歳到達者を対象に集合型セルフケア教育「健康カレッジ30」
    40歳代以上:成人病予防対策として「特定保健指導」

長時間労働による健康障害防止対策

当社では、労使の協定時間などを踏まえて従業員が長時間勤務とならないよう管理を強化しています。具体的には、勤務管理システムによる職場と管理職による労務管理の強化と、人事部門による拠点モニタリングによって徹底を図っています。

また、厚生労働省の「過重労働による健康障害防止のための総合対策」を踏まえて、Webによるヘルスチェックを行うことで疲労の蓄積度合いを把握するとともに、勤務(長時間残業:70時間以上/月)データと定期健康診断データに基づいて要フォロー対象者を抽出し、産業医・保健師による面談、就業制限措置等を実施しています。

メンタルヘルスケアへの取組み

当社では、メンタルヘルスケアを健康管理の重要課題と位置づけ、予防を中心とした取り組みを行い、従業員の心の健康維持による健全な職場づくりを進めています。
2005年2月から導入している「心の健康支援プログラム」は、(1)早期発見・早期治療を主眼とした「初期サポート」、(2)メンタル不調者の治療中の対応をする「経過サポート」、(3)休職者が円滑に復職するための「職場復帰支援プログラム」から構成されています。

その後、2010年度に「職場復帰支援プログラム」を改訂して、復職判断のプロセスと基準を明確化し、休業者の円滑な職場復帰に向けた取り組みを強化しました。これにより、本人や職場上司からの早い段階での相談が増え、メンタルヘルスケアへの認識が浸透してきています。

また、従業員を対象に、年1回ストレス診断を実施しています。その他、NEC健康保険組合が促進する電話・Webによる相談窓口を開設し、24時間年中無休で従業員や家族からメンタルヘルス、健康、育児、介護など、さまざまな相談を受け付けています。

2016年度はメンタルヘルスの早期発見や予防といったプライマリーケアや経過サポートに加え、職場での労務マネジメント対応に重点を置き、管理職向けメンタルヘルス研修を実施しました。

労働災害発生状況

当社の労働災害発生状況は下記の通りです。なお、2016年度の従業員延人数は58,556名、延労働時間は9,289,814時間となっています。(※2017年3月31日時点)

死亡災害数

【2016年度実績】0件

休業災害数

【2016年度実績】4日以上:0件、1~3日 :0件

度数率(※1)

【2016年度】目標:0.40  実績:休業0.00、 全災害0.43

(※1) 度数率=労働災害による死傷者数÷延べ実労働時間数×1,000,000

強度率(※2)

【2015年度】目標:0.00   実績:0.00

(※2) 強度率=延べ労働損失日数÷延べ実労働時間数×1,000

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る