ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. CSR活動
  4. ステークホルダー別の取組み
  5. 従業員
  6. 人権、ワークライフバランス、職場の多様性
ここから本文です。

人権、ワークライフバランス、職場の多様性

方針

NECフィールディングは、基本的人権を尊重し、企業としての社会的責任を果たす上で、さまざまな人権問題の解決を重要課題と位置づけ、人権啓発活動を推進しています。

NECグループ企業行動憲章

一.人権尊重
あらゆる企業活動の場面において人権を尊重し、差別的取扱い、児童労働、強制労働を認めません。

一.従業員の尊重
従業員一人ひとりの個性を尊重します。また、能力を十分に発揮でき、活き活きと働ける環境を実現します。

活動の成果

ワークライフバランス推進

社員の子育て支援

次世代認定マーク(愛称:くるみん)

社員の仕事と子育ての両立支援のため、次世代育成支援対策推進法に対応した行動計画を定め、実施してまいりました。 2014年7月には、策定した行動計画(2012年7月~2014年7月)の目標を達成したことが認められ、仕事と家庭の両立支援を積極的に推進している「子育てサポート企業」として、厚生労働省より認定され次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。

出産・育児に対応した支援制度

社員の仕事と家庭の両立を支援するため、「産前産後休暇」や「育児休職制度」「短時間勤務制度」を導入しています。

育児休職取得者数

育児休職取得者数イメージ

本人選択型のキャリア支援

社員が、社外で新たなキャリアを望む社員や定年を迎える社員の多様なニーズに応えるため、本人選択型のキャリア支援制度※を導入しています。

※セカンドキャリア制度
社外におけるキャリア開発を自ら計画・実施する社員に対して、会社として経済的・時間的な便宜を図り、人生設計を最大限バックアップする制度です。

本人選択型のキャリア支援イメージ

障がい者雇用

当社では障がい者の方々を全国各地で雇用しています。またノーマライゼーション※の観点から、障がい者の方々も健常者と同一の職場内で就労し、必要な場合は会社や周囲の者がサポートを行うよう心がけています。

※ノーマライゼーション…障がい者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく社会生活をともにするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方のことです。またそれに向けた運動や施策なども含まれます。

従業員教育・啓発

従業員一人ひとりが人権問題に取組む主旨を理解し、差別を生まない組織づくりに積極的に取り組むよう、ダイバーシティ標語の募集、人権啓発リーフレットの公開を行っています。

人権啓発リーフレット
【人権啓発リーフレット】

2016年度ダイバーシティ標語

応募数・・・従業員の部:1,044件/家族の部:10件

最優秀作品・・・5件

  • 取り入れよう 様々なアイディアで 新たな創造
  • 分かり合おう。一人の個性、みんなの力。
  • 勇気をもって話してみよう。そこから広がる世界への扉
  • なくそうよ 日々が生み出す無関心 今日から始める笑顔と挨拶
  • 優しい気持ちを僕から君へ 心で繋ぐ笑顔の輪

データ

男女別従業員数

男女別従業員数イメージ

女性管理職人数

女性管理職人数イメージ

障がい者雇用率

障がい者雇用率イメージ

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る