NECフィールディング
imeg
imeg  ホーム > お客さまへ > CSR活動 > CSR報告書 > CSR報告書2009 > TOPICS 日本版SOX法・内部統制への取り組み
imeg
imeg
imeg
imeg
CSR報告書2009
CSR報告書2009CSR報告書2009トップへ
CSR報告書2009
imeg
imeg
imeg
日本版SOX法・内部統制への取り組み
imeg
日本版SOX法対応、職務分離など 内部統制への取り組みを強化
imeg

会社の根幹にかかわる大切な取り組み

imeg全社一丸となって内部統制の構築・維持に努めています。

 経理部 グループマネージャー  日本版SOX法対応推進事務局 猪股 成年imeg
imeg
imeg
経理部 グループマネージャー  日本版SOX 法対応推進事務局 猪股 成年
米国で相次ぐ企業の会計不祥事を受け、サーベンス・オクスレー法(SOX法)が制定されたのが2002年7月。当時、米国で上場していたNECのSOX法対応に伴い、NECフィールディングでも2005年度から米国SOX法に取り組み始めました。ポイントは、業務における不正・ミスが発生し得るリスクと、そのリスクを回避するための内部統制方法を文書化すること。経理部を中心に文書化作業を進めましたが、リスク発生の洗い出し等、まったく白紙の状態から取り組みましたので、非常に苦労しました。
その後、2006年6月に金融商品取引法(日本版SOX法)が成立しました。これにより、当社は上場企業として金融庁への「内部統制報告書」の提出が義務づけられ、その対応には多くの時間を費やしました。2009年6月に初めて報告書を提出したわけですが、内部統制の評価の結果、「財務報告に係る内部統制は有効である」との評価が行われ、推進事務局のメンバーとしてほっとしています。ただし、今後も内部統制報告制度を継続するなかで、重要な欠陥の萌芽となるような事態が発生していないか確認・対策を講じておくことが重要であると認識しています。いずれにしても上場企業として財務報告の信頼性を確保することが、会社の社会的な責任を全うすることになるので、気を引き締めてこれからも取り組んでいきたいと思います。
所属・役職は当時のものです。
imegimeg
日本版SOX法対応推進体制
imeg
日本版SOX 法対応推進体制
imeg
imeg
拡大する
imeg
日本版SOX法への対応体制
imeg
日本版SOX法では、財務報告の信頼性にかかわる内部統制を整備し、かつ内部統制が機能していることを検証し、それを外部監査人が監査することが求められています。また、これを実現するために業務の文書化を義務づけています。NECフィールディングでは、この日本版SOX法に対応するために、推進事務局と実際に文書化にかかわる部門(内部統制の文書化推進部門)を中心とする組織体制を確立し、業務の流れやルールの文書化を推進。財務報告の信頼性を担保しています。
imeg
職務分離で営業内部統制を実現
imeg
従来当社は、受注から売上、請求、回収までの事務処理を営業拠点で行っていました。そのため不適切な処理が起こりやすく、内部統制に問題がありました。そこで、営業拠点から事務処理を切り離し、営業管理部に集約することで、職務分離による営業内部統制を実現しました。
imegimeg
営業管理部と営業拠点の役割
imeg
営業管理部と営業拠点の役割
imeg
小さいけれど責任重大な仕事
imeg
imeg
imeg
imeg
東京BCセンター 内藤 優子
imeg
imeg
imeg
2006年4月の事務センター(現:BCセンター)の立ち上げ直後に配属され、今年で4年目を迎えました。業務は、「eSHIEN」というシステムを使って、受注、売上から請求までの事務処理ですが、事前の確証チェックを含めて、一連の流れをコンプライアンスに従って適正に処理するのが私たちの役割です。立ち上げ当初は問題のあるなしを見極めるのにも、個人の判断に負うところが大きく混乱もありましたが、現在はマニュアルも整備されスムーズに業務が進められるようになりました。また、部内研修やほかのBCセンターの方々と情報交換を行うことで、業務管理の質も確実に向上しています。私たちが扱うのは伝票という小さなものですが、会社の信用にかかわる大きな責任を担う大切な仕事だと思っています。 imeg 東京BC センター 内藤 優子
imeg
imeg
img
所属・役職は当時のものです。
imeg
営業管理部の機能
imeg
営業管理部は、企画部、審査部、統合業務部、全国10ヶ所のビジネスコンプライアンスセンター(BCセンター)などで構成され、取引内容を事前に確認し不適切な取引を抑止する機能や、法令・社内ルールに応じた個々の確証に基づいて適正に受注から売上計上、請求処理をする機能を担い、業務の独立性を確保しています。
imeg
■ 職務分離体制の構築
imeg
2005年 4月
10月
2006年 4月
2007年 3月
       
2008年 4月
imeg 職務分離プロジェクト発足
東京/大阪事務センターを先行開設
全国9ヶ所の事務センターを一斉立ち上げ
一段部として営業管理部を新設し、審査機能を付加
事務センターをBCセンターと改称
横浜BCセンターを新設
imeg
従業員の意識の高さが職務分離を支える
imeg
imeg
imeg
imeg
営業管理部長代理 山崎 政輝
imeg
imeg
imeg
NECフィールディングでは営業拠点内で事務処理が完結し、牽制機能が十分に発揮されないという、内部統制上の問題を抱えていました。それを改善するために誕生したのが営業管理部です。2005年4月から準備を始め、2006年4月には事務センター(現:BCセンター)を立ち上げ、営業部門から事務処理を切り離しました。その後、2007年3月に現在の営業管理部となり、BCセンターを核として、営業活動の全プロセスを管理・統制しています。現段階での私の評価は、不適切な事務処理はほぼ根絶できていると思いますが、システム面に若干の課題があり、効率的な運用環境を整えるには至っていない点をマイナスして90点というところです。そうした環境下で、内部統制を支えているのは所属する従業員の頑張りに負うところが大きく、その働きは十二分に会社の期待に応えていると思っています。 imeg 営業管理部長代理 山崎 政輝
imeg
imeg
img
所属・役職は当時のものです。
imeg
東京BC センターimeg東京BCセンター
imeg
imeg
imgこのページの先頭に戻る
imeg
imeg
contents
ステークホルダーミーティング
日本版SOX法・内部統制への取り組み
社会機能維持への貢献
新入社員教育
FIELDING社会貢献倶楽部
環境リスクマネジメントの強化
img

imeg
imeg
Copyright(c) NEC Fielding.Ltd 2000-2009